(20240708) 彼岸島 48日後… 第410話「日光」 

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!

【今回の要約】

「宮本篤」と名乗る雅の息子のひとりが居る、日本橋の大賭博場「竹馬街」へ到着した明さん一行。正気を失ったかつての自分の母親を元に戻すため、「太陽様」を倒すことを決意した明さんと小春。
街の奥の祭壇で襲いかかる雑魚吸血鬼をぶった斬っていると、太陽様の輝き(頭の羽みたいなのを広げて攻撃)で味方ごとぶった斬りにかかる。
しかし斬られた雑魚吸血鬼は「太陽様の輝きで死ねて天国に行ける」と明らかにイカれた対応を見せるのだった。

ついに始まりました太陽様とのバトル回(でもたぶん負けイベ)。
でも太陽様普通に喋れるやん!
女は脚に生えたtnpでメロメロにさせるし、男は男で太陽様の輝いちゃって下さい攻撃で斬られても「太陽様のために死ねて幸せだあ天国に行ける」などとほざいてやがるし
なんてこった…。男も女も完全にイカれてやがる…!!


これはアレですよねえ…。太陽様の野郎、女だけじゃなく、男も何らかの手段で洗脳してる感じですよねえ…。
じゃなかったら、奥さんや彼女をtnpでNTRれて、そいつに従ってるなんてありえないもんなあ…。
そう考えると、竹馬街の中ボスで一番やべェヤツじゃねェか…。


逆にギャンブルで勝ったらあっさり鍵を渡してくれる猿吉の方が、一番紳士的なんじゃねェかって気がしてきたぞ(´・ω・`)

(20240701) 彼岸島 48日後… 第409話「棒」 

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!

【今回の要約】

「宮本篤」と名乗る雅の息子のひとりが居る、日本橋の大賭博場「竹馬街」へ到着した明さん一行。正気を失ったかつての自分の母親を元に戻すため、「太陽様」を倒すことを決意した明さんと小春。
街の吸血鬼達をぶちのめして聞き出したところ、街の奥の祭壇にいるという。
手漕ぎボートで祭壇に向かう途中、明さんは過去に母親に優しくしてもらった過去を口にする。
そしてたどり着いた祭壇で、とうとう太陽様と対峙した明さんなのだった。







小春が明さんに惚れるフラグが立った…のはいいんですが、まあたぶん先生ェ的には、ツンデレヒロインみたく描きたかったのかもしれないんですよ。それはわかるんですが
コイツ照れ隠しで、いちいち「てめェどこ見てんだコラァ!」とか「ブチ殺すぞ」などと、おっかねえセリフを連発してるせいで
ただのツンツンしてるキ〇ガイみたくなってやがる!!
まあ明さんは明さんで、普段は平静を装っていても、(母親が淫売だったせいで)急にブチ切れたり弱みを見せたりと、なんか情緒不安定気味になってるので
ある意味お似合いになっちまってる感はありますが。


でもそんなツンキチにも、船の上で弱みを見せる明さんの話を聞いてあげるぐらいの優しさはあるようで。
この辺はさすが歌舞伎町で水商売やってた女ってところでしょうか。

母ちゃんが明さんにだけこっそりアイス買ってくれて、その買ってくれたアイスの棒を絶対捨てねェ!と言ってた悲しくない過去も明らかにされたり。


そんな話をしていたらたどり着いた祭壇では、太陽様は拾ってきたビルを玉座替わりにしてるし、女どもはずっと太陽様のチ〇コが生えた脚にいつまでもしがみついている
最後だけ、ツッコミどころ満載の、いつもの彼岸島クオリティじゃねェか!


でもここから(たぶん)明さんが捕まる負けイベントになるんだろうから、つれェなァ…。

(20240625) 彼岸島 48日後… 第408話「腑抜け」 

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!

【今回の要約】

「宮本篤」と名乗る雅の息子のひとりが居る、日本橋の大賭博場「竹馬街」へ到着した明さん一行。しかし明さんは第3の集落「白髪族の集落」で、風俗嬢になり果てたかつての自分の母親と出会い激しく狼狽。戦意を喪失してしまう。
明さんを担いで「太陽様」の追撃を逃れる小春だが、寝込みを吸血鬼に襲撃されて大ピンチ!
しかしすんでのところで元気になった明さんが撃退。
傷ついた小春に自分の血を分け与える明さんに対して、小春の心は揺れ動き、ひそかな恋心が芽生える…!?








立ったよ!小春さんに明さん好き好きフラグが!!


とはいえ彼岸島で、人間と吸血鬼の恋がうまくいった試しなんて、これまで全くと言って良いほど無い(はず)なので
どうせうまくはいかないんだろうなあ…。
明さんをかばって小春が死ぬ…ならまだいい方で

小春が太陽様のチ〇コに負けるNTRルートとかありそうで、むしろそっちの方が怖ええんだよなぁ…。
前回の感想でも言及しましたけど、先生ェはやる時はやる男だからなあ…。


しかし今週はそれ以上に、船頭のおっちゃんが光り輝いてやがったぜ…。

ビルの間を飛び移る時に、ファミコンみたいなジャンプポーズをする船頭のおっちゃん。

小春に顔面パンチされて「前が見えねェ」状態になる船頭のおっちゃん。

妻子いるのにもかかわらず、小春に対していちいち下品な茶々を入れる船頭のおっちゃん。


いやあコイツ、面倒見はいいし、いいヤツだし、キャラはムダに立ってるし、愛嬌もあるし…
何だかいとおしく見えちまう…!!
コイツが数日後に死亡確定してるのが本当につれェなぁ…。


あと、明さんの母ちゃんが太陽様の脚(チ〇コ)に飛びつくシーンが、東京フレンドパークの壁に貼り付くヤツまんまで笑った。
フランキー為谷ばりの大ジャンプだから、ちくしょう!!

(20240618) 彼岸島 48日後… 第407話「光輝く」 

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!

【今回の要約】

「宮本篤」と名乗る雅の息子のひとりが居る、日本橋の大賭博場「竹馬街」へ到着した明さん一行。しかし明さんは第3の集落「白髪族の集落」で、風俗嬢になり果てたかつての自分の母親と出会い激しく狼狽。
おまけに母親はここのボス「太陽様」に魅了され、息子の存在が完全に記憶から欠落していた。
そして侵入者の密告に気付いた太陽様が大きな翼を広げて襲いかかってきた!
頼みの綱である明さんは、母親に絶望してすっかり戦意喪失状態で、果たして小春と優しい船頭さんの運命は…?







いやあヤバい。太陽様超ヤバい。
前回「あんな巨体の太陽様と人間の女で、どうやってセックルするんだよ!」って思ってたら、想像のはるか斜め上の方法でぶったまげた。
おまけに持ってきたビルを置いただけで、市民が「ワーワー」シムシティみたいに叫んでるし、太陽様の足から生えた大量のチンコに、女たちが服脱ぎながら群がるとか
もうなんなんだよ、この漫画は!!などと叫びたくなりました。
今週の彼岸島明らかにパワーが違い過ぎる…。ひれ伏すしかねェ…!



とはいえ、どうしても(主に太陽様の)インパクトのあるシーンばかり目立っちまいますが、今週は明さんが思いっきり感情豊かに怒ったり悲しんだりしてます。
明さんが母親に絶望し、旧作キャラ以外にここまで思いっきり弱さを見せてるシーンは相当珍しいし、
それ見た小春のリアクションも、なんか明さんに同情するかのような変化を見せてますし…。
もうこれ実質小春ヒロインじゃね?


もっとも先生ェの事なので、この二日後(つまりクソハゲや勝っちゃん達が到着した時)には
そこには太陽様のチ〇コに負けて淫売と化した変わり果てた小春の姿が…!
なーんてことが普通に有りそうだから怖ェ!
なんたって無印時代のヒロインがモブ吸血鬼にレ〇プされちゃう漫画だからなあ、彼岸島は…。


しかしここまで太陽様が圧倒的すぎると、ますます猿吉が太陽様に勝てるビジョンが見つからねェ…。
正直プリンセス様もコイツに勝てるかどうか、ちょっと怪しくなってきたェ。
さすがに兄貴は太陽様に勝てるとは思うけど…果たして今の戦意喪失した明さんじゃねえ…。

(20240611) 彼岸島 48日後… 第406話「間男」 

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!

【今回の要約】

「宮本篤」と名乗る雅の息子のひとりが居る、日本橋の大賭博場「竹馬街」へ到着した明さん一行。しかし明さんは第3の集落「白髪族の集落」で、風俗嬢になり果てたかつての自分の母親と出会い激しく狼狽。
どうやら母親はここのボスによって記憶の一部が失われており、そのせいで明さんを息子と認識していない模様。
そしてそんな最中、ボスの「太陽様」ビルを担いで姿を現す…!










…今週もいろいろありました。
息子の事はきれいさっぱり忘れちまってるけど、故郷で何があったのかを聞いて心を乱される明さん。
そんな様子の明さんを(吸血鬼の立場からとはいえ)気遣う小春
ちょっぴり垣間見れた、小春の悲しき過去
相変わらず人のいい船頭のおっちゃんなどなど
本当にいろいろあったんですが…。


最後の“太陽様”が全部もってっちまったよ、ちくしょう!!

これまで出てきた竹馬街の中ボスでは一人だけバカでかいし、外からビルを斬っては自ら運んできて建築(設置?)し、かと思えば人間の女と中出しSEXすることで相手をメロメロにして服従させる(明さんの母ちゃんが息子のことを全く覚えてないのはそのせいらしい)とか、なんだか情報量が多すぎて、何なんだお前はと言いたくなりますね…。


そもそも、怪獣みたいなサイズの太陽様と人間が、どうやってSEXするんだ…?
想像しただけで、やべえ光景がいろいろ浮かんできて、別の意味でホラーマンガじゃねぇか!!


それにしても、光頭族の立花様・墨族のプリンセス様・白髪族の太陽様と、これで竹馬街のボスが3人勢ぞろいしたわけですが…。
太陽様のインパクトが強すぎて、立花様が太陽様に勝てる要素が全く見えねェ!!
プリンセス様はまあ…まだ底を見せていない分、逆転要素があるのかもしれませんけどねえ…。
ユカポンごときに猿吉呼ばわりされてるヤツが、あんなデカブツに勝てる未来が、まったく浮かばねぇんだよなぁ…。


もしかして太陽様は、ビル持ってきて街作りするのに夢中で、他勢力に攻め入る気が全くないから、均衡保ってるとか、そんなんじゃないですよねェ…?

(20240527) 彼岸島 48日後… 第405話「二日前」 

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!

【今回の要約】

「宮本篤」と名乗る雅の息子のひとりが居る、日本橋の大賭博場「竹馬街」へ到着した明さん一行。しかし明さんは第3の集落「白髪族の集落」の特別牢に捕らわれの身となっていた。果たして明さんの身に何が…?
2日前、白髪族の集落内で小春にちょっかい出そうとしてた吸血鬼どもを斬りつける明さん。そんな彼が不用意に間合いへの侵入を許してしまった相手。その相手とは、風俗嬢になり果てたかつての自分の母親だった…!?








いやあ、今週はいろいろとすごい。すごいというかきつい。
明さんが淫売の息子呼ばわりされちまうから、ちくしょう!!


まあね。せっかく明さんが本土に帰って来たんだから、いつか明さんが本土で両親と再会するイベントが有ってもおかしくないよなぁ…とは思ってた事はあったんですが
まさかこんな形で実現してしまうとは。


その前のシーンで、巫女服っぽい小春に向けて「背徳感がたまんねェよ、神に感謝」と口走ったモブ吸血鬼のセリフがあるんですが
これがまさか終盤の伏線(近親相姦で味わう背徳感とかけてる)だったなんて思わないじゃん…!
今週の先生ェ、キレッキレすぎて超やべェ!


もっとも、アレが本物の母親ではなく、たまたま母親にそっくりな風貌のおばちゃん吸血鬼と見間違えてるだけの可能性もあるんですが…。
でもあのおばちゃんが本当に明さんの母親だったら、実の息子相手に「フェラも上手いしお尻もいける」「お兄さんのチンポ私に咥えさせてよ」と言ってるわけで、そりゃ武人と化した明さんが狼狽しても仕方がない…のかもしれません。
もっとも、明さんも明さんで、初期とはもうずいぶん見た目が違うから、パッと見気が付かないのも無理もないかもしれませんが(´・ω・`)



でも、兄貴が作った集落に母親が居たって事は、いずれは明さんの父親も登場する可能性も有るって事だよな…。
今度の集落のボスが父親だったって事もあり得るし
まさか…プリンセス様の正体が明さんの父親という超展開も…。


ひいいいい、わけがわからねェ!

(20240520) 彼岸島 48日後… 第404話「キラキラ星」 

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!

【今回の要約】

「宮本篤」と名乗る雅の息子のひとりが居る、日本橋の大賭博場「竹馬街」へ到着した明さん一行。頭にキラキラ星の付いたモブをフッ飛ばしてプリンセス様から逃げきった鮫島たちはとうとう第3の集落白髪族の集落に到着。
明さんと小春を探す一行。白髪族の集落は、賭博場だけではなく、性的な風俗街が有ったり、人間を売買する場所が有ったり。
そしてその中の特別牢に…なんと明さんの姿が…!!







プリンセス様を突破し(まあ先生ェが忘れてなければ後で出てくる事でしょう)、第3の集落へ。
板の上にビルが建築されてたりと、相変わらず物理法則を無視しまくってて、これぞ彼岸島クオリティ。









あと、竹馬街の物価基準が、イマイチ安いんだか高いんだかよく分からんですな。
一発2000円とか呼び込みしてましたけど
ちなみに、血の楽園で売られてたクソみてェな「ハンディ・ハンディ様人形」が2500円だったことを考えると
ひいいい、安すぎて超怖ェ!!性病貰っちまいそうだよ!!
ちなみに歌舞伎町でやってた天狗突きは一回500円でした。これもうわかんねェな!


そして今週のラストには、唐突に特別牢に捕まっている、明さんの姿が…!!

しかし明さんほどの圧倒的強者が捕まってるなんて…。ワザと捕まってるわけでもなさそうだし、一体何が…?
まあその辺はいずれ明らかになるんでしょうけど。
圧倒的強者が捕まってる流れ…。なんか微妙に今週の「キン肉マン」と展開が被ってるから、ちくしょう!