(20230130) 彼岸島 48日後… 第351話「自由への橋」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



残り2人となった雅の息子を探すため、再び旅に出た明さん一行。新宿歌舞伎町に吸血鬼最大の娯楽場があるとの情報を得ましたが、ちょっと目を離したすきに、その歌舞伎町にユカポンが遊女として売られちまった!!
それでも親切にしてくれる小春たち遊女仲間のおかげでどうにかやっていけそうだと思ったら…ユカポンは歌舞伎町のボス「舌喰い様」に、人間のスパイと疑われてしまい大ピンチ。しかしすんでのところで勝っちゃんが救出!橋を下ろして明さん達を中に入れますが、事情を知らない明さんは不用意に襲い掛かった遊女仲間の真夏と冬美を容赦なく「ザンッ」と斬っちまった…!そして明さんと舌喰い様との戦いが始まった…!


明さんと舌喰い様とのバトルが続く中、クソハゲたちは…何故か歌舞伎町の入り口へ。
ああなるほど、2人が戦ってるうちに、小春さん歌舞伎町から逃げてー自由の身になってーって事かあ。なんか唐突な展開だあ…!


この橋を渡り切れば、自由になれる…!一歩一歩踏みしめて橋を渡る小春ですが…目の前には真夏と冬美の幻影が。
そして何かを決意した小春は途中で引き返してきて「宮本明がどんなヤツなのか見極めたいから連れて行け」と来たか。


あーこれはアレかな。舌喰い様ちょっと明さんに押されちゃってるもんなあ。明さんが舌喰い様に止めを刺そうとした瞬間に、包丁持った小春が背後から明さんをブスっと刺しちまうのか…?
なんだかどっかのNice Boatアニメを思い出しちまうェ…。


…ところでクソネズミの野郎が不自然に出てこないのは、なんか狙ってるんでしょうかねえ。
先生ェの手腕に期待したいところですが…まさか素で存在を忘れちゃってるわけじゃないですよね?



あと、今週も無駄に天狗突きくんが出てきて笑った。
ちょっと明さん、そんなモン嗅がなくていいから!!






まあ、天狗突きに関しては、彼岸島で天狗突きを出したら、先生ェの奥さんが風俗取材に行ったと勘違いして激おこになった話が面白過ぎるから、ちくしょう!!





(20230116) 彼岸島 48日後… 第350話「カマキリの刃」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



残り2人となった雅の息子を探すため、再び旅に出た明さん一行。新宿歌舞伎町に吸血鬼最大の娯楽場があるとの情報を得ましたが、ちょっと目を離したすきに、その歌舞伎町にユカポンが遊女として売られちまった!!
それでも親切にしてくれる小春たち遊女仲間のおかげでどうにかやっていけそうだと思ったら…ユカポンは歌舞伎町のボス「舌喰い様」に、人間のスパイと疑われてしまい大ピンチ。しかしすんでのところで勝っちゃんが救出!橋を下ろして明さん達を中に入れますが、事情を知らない明さんは不用意に襲い掛かった遊女仲間の真夏と冬美を容赦なく「ザンッ」と斬っちまった…!そして迫る舌喰い様との戦い…!



さあ今週からは明さんと舌喰い様による武人バトルの開幕だー(白目)


舌喰い様は背中に生えてるカマキリの腕の刃で明さんを攻撃したり、肩についてた舌をちぎって明さんにブン投げて視界を奪ったりとなかなか多彩。
なんかトリッキーな攻撃の仕方しますねえ…。絶対パワータイプだと思ってたのに。
そして、舌が巻き付いて視界を奪うとかなかなかやべェですね…。というか純粋にキモイ!!
明さんは何とか舌を斬って脱出しましたが、顔付近に血が飛び散って感染とかしな(ry



あとは明さんが「俺にはどうしても殺したい奴がいる、それまでは死ねないんだよ」と言うシーンで、地面に散らばったマサコインを見せていくのはいい演出だなあと思いました。
硬貨がぞんざいに踏みつけられてるのはちょっと笑いましたが…まああんなクソみてェな硬貨、踏みつけられて当然だがな!ガハハハハ!!



そして、舌喰い様の身長が(同じコマに映ってる明さんの身長差から推測すると)コマごとで全く安定しねぇなあとか、ただの遊郭だった歌舞伎町が、いつの間にか「全吸血鬼の鎮魂の街」とか言われたりと、今週もけつあな確定先生ェがライブ感全開で漫画描いてて何よりだェ!





(20230111)キャプテン翼 ライジングサン 第145話 ハーフタイム & 第146話 ーー決戦への道ーー

【今回の要約】

マドリッド五輪準決勝、日本vsスペイン戦。
2-2で前半を折り返しハーフタイム。スペインより消耗の激しい日本は、新田と葵をガス欠になるまで前線でプレスをかけてボールを追いかけ回す「捨て石」作戦をする模様。
そしてハーフタイムを終えてピッチへ向かおうとする翼は、なぜかチームメイトの過去の思い出が走馬灯の用意フラッシュバック。ミカエルが待ち受ける後半戦は死ぬ気で挑まないといけないほどの死闘になる事を予感するのだった。

次号より「キャプテン翼ライジングサン THE FINAL」始動…!!


今回はハーフタイムでの出来事が中心、(いつもは3話載ってるのに今号は2話だけってのもありますが)思ったより話は進んでないのですが…そんなことよりも今回は最後の部分ですよね。


キャプテン翼ライジングサン THE FINAL。



改めて読み返してますが、2ページ見開きで、でっかでかとキャプテン翼シリーズ最終章」と書かれてるのを見ると、本当にこの五輪編でキャプ翼を終わらせるつもりなのか…という気分になります。


しかも翼が突然仲間たちと出会った昔の頃を唐突に思い出したり、タケシがダメ押ししてる感もありますが、なんか死亡フラグみたいの立ちましたし。
まあ本当に翼が死亡したら身ごもってる姉御がえらい事になりそうですし、流石にそれはないと思いますが、それぐらい死ぬ気でやらんといかんって意味でしょう。負傷ぐらいはするかもしれないけど。

それに、スペイン戦は死闘になるってのをわざわざ2回言ったりしてますし、…これ、決勝のブラジル戦をやらずに、下手すりゃスペイン戦で終わるんじゃね?って気がしてきた(´・ω・`)


いずれにせよ、キャプテン翼シリーズ最終章」と銘打たれたからには、ヘルナンデスとか赤井は原作ではもう見せ場ないの確定なのか(´・ω・`)

イタリアは最後の最後まで扱い悪かったなあ…。


あと、ミカエルの手記を発表したおっさんの所にタレコミがあって、試合終了後確かめに行くみたいです。たぶん何らかの伏線だと思われますが正直アバウト過ぎてどうでもいいや(´・ω・`)


キャプテン翼 NEXT DREAM」のコーナー 








前回に引き続きPSG対マルセイユ戦がメイン。相変わらずマルセイユのDF陣が仕事してねえ!
次藤がオーバーラップした時はパリのDFは出てきててちゃんと仕事してたぶん、ほんとこいつらなんなんって気がしますねえ。そりゃ次藤も試合終わったら大の字でぶっ倒れますわ。


そしてキャプテン翼ライジングサン THE FINAL」が発表されたことにより、現在たたかえドリームチームのゲーム内で展開されている、五輪編以降の話である「NEXT DREAM」は、もう完全に(原案は出すけど)後はお前らに任せたぜ!って事になっちまうのか…。
これは責任重大だぞ…。うかつにサービス終了なんかしたら、世界中のファンから叩かれかねない…。


問題は、たたかえドリームチームの本業の方が、うちが引退した時よりもさらにゲームインフレがさらに加速しまくっるようでして、一部の重課金兵御用達ゲームになったと言いますか、引退者がさらに続出しかねないところなんだよなぁ…。
だーかーら絆システムなんてやめとけって当時から言ってたのに。




(20230107) 彼岸島 48日後… 第349話「渇望」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



残り2人となった雅の息子を探すため、再び旅に出た明さん一行。新宿歌舞伎町に吸血鬼最大の娯楽場があるとの情報を得ましたが、ちょっと目を離したすきに、その歌舞伎町にユカポンが遊女として売られちまった!!
それでも親切にしてくれる小春たち遊女仲間のおかげでどうにかやっていけそうだと思ったら…ユカポンは歌舞伎町のボス「舌喰い様」に、人間のスパイと疑われてしまい大ピンチ。しかしすんでのところで勝っちゃんが救出!橋を下ろして明さん達を中に入れますが、事情を知らない明さんは不用意に襲い掛かった遊女仲間の真夏と冬美を容赦なく「ザンッ」と斬っちまった…!そして迫る舌喰い様との戦い…!



憎まれ口を叩きながらも抱き合って再会を喜ぶヌッ勝は尊いなあとか、ふくれっ面で小春をかばうユカポンが妙に可愛いぜとかいろいろありますが、今週は小春の口から“舌喰い様は倒した相手の舌を食う事でパワーアップする”という貴重な情報がもたらされます。
そしてさらに、かつて池袋達で明さん達とエンカウントした「眠り女」をも舌喰い様は倒した事が判明。まあそれはいいんですけど…。






いやいやいやちょっと待ってくださいよ。
強くなるためだけなら、その場(池袋)で眠り女の舌を喰えばいいわけですよね?
どうして、わざわざクソでけェ眠り女の死体を歌舞伎町まで持ち帰ってきたんだよ!


これじゃまるで、休日に海釣りに出かけて「ほらほら、今日パパは釣りに行ってこんなデカいお魚釣ったんだよ!」などと家族に自慢するお父さんじゃねえか!

そう考えると、眠り女の頭部を両手でかかげてる舌喰い様…メチャクチャ嬉しそうな笑顔(に見える)ぞ…!






ああっ!!そして舌喰い様、部下達が見てる前でウッキウキで舌を食しだしやがった!!
周囲の部下たちはなぜか舌喰い様の食いっぷりに熱い声援を送ってるし…もうなんなんすかこれ。


眠り女を倒したのが嬉しくて、みんなに見せびらかしたかったんですかねえ。
なんかもうだんだん、舌喰い様がお茶目キャラに見えてきたよ(´・ω・`)


舌喰い様、間違いなく強キャラだと思うんですが、変なところが人間くさいというか愛嬌が感じられるから、なんか憎めないんすよね…。
吸血鬼絶対頃すマンと化して感情の薄い明さんより、ついつい舌喰い様の方を応援したくなっちまうぜ…。


だってこの後も、明さんが「舌喰いの野郎どこに居るんだ」と殺意全開で探し回ってるのに、その舌喰い様は明さんが頃した吸血鬼の死体から舌ちぎって呑気にバリバリ食ってましたからね…。
ちょっと舌喰いくんさあ…!きみ中ボスの自覚あんの?と説教をかましたくなります。
こんなんで大丈夫なのか舌喰い様。来週冒頭で明さんに「ザンッ」されるんじゃねェかと不安になっちまうから、ちくしょう!






(20221226) 彼岸島 48日後… 第348話「疫病神」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



残り2人となった雅の息子を探すため、再び旅に出た明さん一行。新宿歌舞伎町に吸血鬼最大の娯楽場があるとの情報を得ましたが、ちょっと目を離したすきに、その歌舞伎町にユカポンが遊女として売られちまった!!
歌舞伎町の唯一の入り口の桟橋は、5日後にならないと降りてこねェ!それでも親切にしてくれる小春たち遊女仲間のおかげでどうにかやっていけそうだと思ったら…ユカポンは歌舞伎町のボス「舌喰い様」に、人間のスパイと疑われてしまい大ピンチ。しかしすんでのところで勝っちゃんが救出!橋を下ろして明さん達を中に入れようと試みますが、事情を知らない明さん達が、小春たち遊女仲間まで無差別にぶっ殺すかもしれない…と不安になってしまうユカポン。そしてその不安は的中し、不用意に明さんに襲い掛かった真夏と冬美を、明さんは「ザンッ」と斬っちまった…!



あ…あの野郎やりやがった…!あっさりと何の感情も込めずにサクッとやっちまいやがった…!!
まるでキリングマシーンみてェじゃねぇか…。

ちなみに真夏いわく、明さんは「イケメン」判定らしいです。
ユキ相手に妄想オ〇ニーしてた初期の明さんからすると、ずいぶん立派になったなあ…。


そして二人を殺った明さんは、小春へと一歩一歩と歩を進める…。
小春は完全にビビっちまって体の震えが止まらない…。
それにしても、自分に近づいてくる明さんへ恐怖する小春の心情が、吸血鬼の視点からだと、明さんはこう見えちまうのかというのが分かったのはなかなか新鮮ですな。本当にコイツ主人公なのか!?


しかし小春が牙を削っていたおかげで明さんは小春を人間だと勘違い。この辺の吸血鬼どもはやっつけたので、勝っちゃんにこの場を任せ、明さんはどこかにいるであろうボスのアマルガム(舌喰い様)を仕留めにどこかへと去ってしまいました。


つーかせっかくユカポン見つかったのに、明さんが大してリアクションしてないんすけど、いいんスかそれで。



一方その頃…。







お前出てくんの遅ェよ!!


今までどこほっつき歩いていやがった舌喰い様ぁ!!
もうほとんどの読者がお前の事忘れちまってるから、ちくしょう!!


地下に引きこもって鎮魂の儀をやってる間、上では吸血鬼の男女の間で争いが起こり、更に橋を下ろしてやって来たクソ強ェ人間が大量虐殺をおっぱじめて、あーもうめちゃくちゃだよとなっちまってるわけですが、それを聞いた舌喰い様は「活きのいい人間かあ。美味そうだなあ。舌はどんな味すんのかな~?」などと呑気な事をほざいてやがる!


まったくもう、明さんの悪魔的殺人マシーンムーブが怖すぎて、舌喰い様より、むしろ明さんの方が極悪人に見えちまうじゃないか…。
大丈夫なのか舌喰い様。こんな殺人マシーン相手に何週耐えられるんだ…。
なんだかだんだん舌喰い様の方を応援したくなっちまうなあ…。





(20221218)キャプテン翼 メモリーズ4 最強明和FC伝説vol.7

キャプテン翼マガジン」に本編と一緒に掲載されているスピンオフ読み切り。


ここ2~3回ぐらいに渡って繰り広げられた、日向と若島津のサッカー対決(体育の授業)ですが、毎回ふたりともガチになり過ぎてそのたびに日向が頭打ったりするので、体育教師の野郎が「もうやってられっか!!」と、授業をサッカーからキックベースに変えちまいました。この軟弱者!!


キックベースなら接触プレイは少なくなるから当然安全面は向上しますけど、こんなもんじゃ物足りねえぜ!とふたりが感じるのは当然のこと。
そして日向はある日の放課後、ついに若島津の自宅(空手道場)に道場破りを敢行!
でも空手なんて俺やった事ねえから瓦割りで勝負だ!!いいですねえこの流れ。ベタだけど悪くない。


というわけで唐突に始まった日向と若島津の瓦割り対決(というか 若堂流の皆さん用意良すぎだろ)
若島津は19枚をかかと落としで割って見せ、対する日向はジャンピングかかと落としで果たして何枚割れたのか…?ってところで次回。


これはアレですかね。勝負には負けたけど、勝った若島津が“命令何でも聞いてくれるんだよな?じゃあ今度は俺がお前の所に道場破りしに行くからこれから連れてけ”って明和FCに行く流れになりそうな予感。
まあ、仮にそのままサッカーに転向しようが、若島津の兄貴(もう名前忘れた)が道場の跡継ぎやってくれればどうにでもなりそうだしな(汗)



キャプテン翼 NEXT DREAM」のコーナー







PSGとマルセイユ戦中心となった今月分の更新。
PSGには岬・オチャド・ネイマールもどき・エムバペもどき・デシャンもどきがいて、さらにベンチには怪我明けとはいえピエールが控えてる。
こんなチームをナポレオン・次藤・佐野きゅん以外モブしかいねえチームで立ち向かうってこと自体、かなり無茶なんですよね…。
そして、おそらくナポレオンは全線で張っていると思われますので、まあ、文章と立ち絵とカットだけで進めていく以上しょうがない部分もあるんでしょうけど…。
次藤と佐野きゅんたったふたりで守備しています。
逆に言うと、ほかのマルセイユDF勢が全く仕事してねえ!!


他の連中は試合中にトイレかコンビニにでも行っちまったのかと思えるぐらい、たったふたりでカバーしている。というかこいつら頑張りすぎだろ!!次藤とか鬼ごっこの特訓してましたけど、そんな特訓程度で賄いきれる守備じゃないんだよなぁ…。
言い換えれば、それだけ岬たちの攻撃がド単調だって事にもなるんですが(汗)


まあまだ今回ピエールとナポレオンの出番が無いので、次回はこのふたりにスポットがあたるんですかね。



(20221212) 彼岸島 48日後… 第347話「挟み撃ち」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



残り2人となった雅の息子を探すため、再び旅に出た明さん一行。新宿歌舞伎町に吸血鬼最大の娯楽場があるとの情報を得ましたが、ちょっと目を離したすきに、その歌舞伎町にユカポンが遊女として売られちまった!!
歌舞伎町の唯一の入り口の桟橋は、5日後にならないと降りてこねェ!それでも親切にしてくれる小春たち遊女仲間のおかげでどうにかやっていけそうだと思ったら…ユカポンは歌舞伎町のボス「舌喰い様」に、人間のスパイと疑われてしまい大ピンチ。しかしすんでのところで勝っちゃんが救出!橋を下ろして明さん達を中に入れようと試みますが、事情を知らない明さん達が、小春たち遊女仲間まで無差別にぶっ殺すかもしれない…と不安になってしまうユカポン。果たして明さんはユカポンの説得に応じてくれるのか…?



とうとう歌舞伎町に到着した明さん・鮫島様・ネズミの3人。しょっぱなからすでに吸血鬼の死体が大量に転がっており、、明さんの「吸血鬼は全員殺す(キリッ)」がブレることもなく、今回も不変であることをまざまざと見せつけられます。


とりあえずユカポンと勝っちゃんを見つけるために別行動をとる事になるのですが…。






あったよ!!丸太が!!




ああそうか。天狗突きか。このシーンで出てきた、女を縛ってた丸太かあ…。
天狗突きとか、あんまり本編と関係なかったのに、なんでこんなの出したんだと当時は思いましたが、今思えば、こんな場面でさりげなく丸太ウェポンを配置していたとは、何たる絶妙な伏線!
まったく、アーマード・コア先生ェの懐の深さには感じ入ったよ。






凄ェ!!なんて丸太だ!!


鬼に金棒ならぬ、クソハゲに丸太!!
やっぱりなんというか、彼岸島に丸太が出てくると、テンションがめっちゃ上がりますね…。
最近は登場頻度が低くなってますが、かえってレア感が出て盛り上がるので、とてもいいと思います。



そして、一方の明さんは、ザッザッとゆっくりと歩きながら、目の前の吸血鬼どもを男女構わず惨殺。
そのあまりの恐ろしさに、たまたま百足婆を看取って戻る途中の小春が目撃して、思わず足が震えちまうほど。


そして、勝っちゃんと交戦中の五本線巨大吸血鬼野郎が明さんとエンカウントして






あああああ!!あれだけ強かった五本線野郎がたった一撃で…!!


明さんの登場に喜んでいるのは勝っちゃんだけで、ユカポンは明さんの鬼気迫る迫力にビビっちゃってますし、小春にいたっては「ありえねェ強さ…悪魔かよ…」と、完全にやべェヤツが現れたかのようなリアクション。
こんなのどっちかって言うと、ブロリーとかダークドレアムとか、とんでもない化け物が現れた時の登場の仕方じゃねェか…!主人公の登場の仕方じゃねェ!!



なーんて思ってたら、真夏と冬美の2人が「うおおおおお」「ブチ殺したらァ」と叫びながら、無謀にも明さん相手に襲い掛かりやがった!!
おいバカやめろ明さんはお前らごときで太刀打ちできる相手じゃ



ああああああああああああああ



やりやがった!このあクソ救世主の野郎…やりやがった!!
でもまだ完全に真っ二つになったわけじゃないからまだかろうじて息はあるかもしれないですが…どうすんだこれ。
ユカポン絶対悲しんじゃうから、ちくしょう!!


しっかしまあ今週は、前半に丸太を登場させ、クソハゲに持たせて大暴れ!で読者を大喜びさせた
終盤で明さんに真夏・冬美を「ザンッ」させて読者をドン引きさせる…。
緩急の使い方がハンパねェ!ゾクッと来ますねえ…。
ホント、遊郭編の彼岸島は展開が本当に神がかっているなあ…。


まったくもう、誰だよこんな恐ろしい悪魔を解き放っちまったのは!!
誰かこのバカを止めろ!!
舌喰い様ー!!はやく来てくれーーー!!


…というか読者の大半が、もう舌喰い様の事、完全に忘れてませんかね…?
いつまで儀式に手間取ってやがるんだよ、ちくしょう!!