(20210308) 彼岸島 48日後… 第276話「関所」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



雅の息子の1人「蟲の王」を倒したものの、変異した勝っちゃんの左腕は元に戻らぬまま。元に戻すため、そして佐吉のかたき討ちのため、拷問野郎が逃げ込んだという、“血の楽園”へ到着した明さん一行。血の楽園入り口近くで出会った盲目の弟「聡」、人間不信の姉「希(のぞみ)」と協力して、いよいよ血の楽園に潜入する…!



さあ今週はいよいよ血の楽園に入るための関所チェックです。
まあどうせ彼岸島のアホ吸血鬼のことですから
「お!お前目が赤いから吸血鬼だな!ほほお人間の血の入った樽6つも持ってくるとは感心感心!ほら通っていいぜガハハハハ!!」
みたいなガバチェックかと思ってたんですが…ちゃんとチェックしてて逆にビックリだェ。


しかも持ってきた樽の中身を全部チェックするわ、樽の中にヤリを突き入れて異常が無いか確認するまでしてやがる!
まあ、結局中に明さんたちが入ってる事には気づけなかったんだから、結局はガバチェックではあるんですが…。
それにしても槍を突き入れた樽の中身が明さんではなく、勝っちゃんだったらアウトでしたね…。
明さんもよくよけれたな!とは思いますが。



でも、なんだかんだ突破はできたので、あとは血の楽園側の関所をくぐればオッケー。でも途中は無法地帯らしいからきっと何かあるに決まってる!
あと、明さんが人間の血が入ってた桶みたいなのに穴が開いたのを手で塞いでましたけど、まさかこれで感染…なんて事はないですよね…?まあないとは思うけど…ねえ?



なお、今週はこのほかにも、マツモティーヌ先生ェの幼少時代の台湾を描いた描き下ろしエッセイが載ったり、マツモティーヌ先生ェと「彼、岸島」の作者佐世保太郎先生ェのスペシャル対談が掲載されたり(完全版はヤンマガwebに載るらしいェ)、彼岸島が期間限定で無料で読めちまったり、ジュンク堂池袋本店にクソみてェな旗が飾られたりとか、なにかいろいろネタがいっぱい詰まってやがるから、ちくしょう!!






ちくしょうなんて神々しいんだ…じゃなかった、なんて禍々しい旗なんだ…。ちょっと見に行きたくなっちまうぜ…(*´Д`)ハァハァ…。





(20210301) 彼岸島 48日後… 第275話「高速道路」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



雅の息子の1人「蟲の王」を倒したものの、変異した勝っちゃんの左腕は元に戻らぬまま。元に戻すため、そして佐吉のかたき討ちのため、拷問野郎が逃げ込んだという、“血の楽園”へ到着した明さん一行。血の楽園入り口近くで出会った盲目の弟「聡」、人間不信の姉「希(のぞみ)」と協力して、いよいよ血の楽園に潜入する…!


というわけでいよいよ侵入するのですが、入る前にクソ姉貴がいろいろ説明してたのをまとめるとこんな感じのようです。

(1) 血の楽園に入るにはレインボーブジッリを渡らなければならない

(2) レインボーブリッジには2か所の関所があり、本土側の関所で貢物をチェックをされ、鉄の札を受け取る

(3) 鉄の札を楽園側の関所に渡せば、晴れて血の楽園に入場できる

(4) 鉄の札が10枚あると、上級国民として楽園に入れて優遇される(らしい)

(5) 橋の中は鉄の札を狙う吸血鬼どもがいて無法地帯。

(6) 関所で怪しまれると、楽園の壁から分厚い鉄のシャッターが降りてきて、数日間誰も入れなくなる


つまり、明さんが侵入者をヒャッハーしてぶっ殺しまくると怪しまれて入れなくなるので、今回明さんは隠れてなけりゃならねェってわけですね。というわけで明さんと、左手がアレな状態の勝っちゃんは樽の中に隠れることに。
つまり残ったクソハゲ・ネズミ・ユカポン・姉妹たちで無法地帯を抜ける…と。


クソハゲ以外、まともな戦力になるやつがいねェのがつれェなあ…。
つうか、上級国民ってなんだよ(´・ω・`)


それにしても、思ったよりはちゃんと警備してるんですねえ。あのカニパン野郎もこんな手続きを経て血の楽園に入ったのかと想像すると、なんか笑えてきますな。
あんなバケモノが唐突に現れたら、明さん以上に怪しまれるから、ちくしょう!!



ところで、彼岸島の最新刊と彼、岸島の単行本を同時購入するとプレゼントがもらえるキャンペーンをやってるみたいなのですが…。




ヤンマガ編集部どもめ…懸賞にクソみてェな旗用意しやがって…。

これはもう、クソみてェな旗が変な人気を集めていることを、公式に知られてるってことか…。
しかも当選者がわずか5人ってことは…当選したヤツは実質雅の息子認定されちまうってことじゃねェか!!


それにしても仮にこの旗が当選したとして、いったいどんな使い道があるというのか。
ひょっとすると「買って燃やせ!」ならぬ「当てて燃やせ!」という、漫☆画太郎先生リスペクトってことも考えられる(´・ω・`)









(20210222) 彼岸島 48日後… 第274話「救世主の噂」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



雅の息子の1人「蟲の王」を倒したものの、変異した勝っちゃんの左腕は元に戻らぬまま。元に戻すため、そして佐吉のかたき討ちのため、拷問野郎が逃げ込んだという、“血の楽園”へ向かう明さん一行。血の楽園入り口近くで出会った盲目の「聡」の口から、血の楽園には雅の息子の一人「豹丸(ひょうまる)様」がいることが明らかに…!



前回、明さんの共闘提案を断り「お前ら人間なんか信用できるかボケー!」などと捨て台詞を残して盲目の弟(聡)を置いて走り去ったバカ姉貴ですが、今週になって気が変わったのか、急に明さんたちに協力してくれることになりました。


まあそれ自体はいいとして…。クレイジー・クライマーの上から植木鉢落とす人みてェなマネしやがって!





いくら中身が入ってない樽だからって、そんなクソでけェ樽を2階の高さから落としたら、常人なら間違いなくケガするから、ちくしょう!
ちなみにこいつの本名は「北沢 希(のぞみ)」っていうらしいですがやっぱりこの女とんでもねぇクソアマですわ。クソネズミは弟のほうに嫉妬してましたけど。



なお、このバカ姉貴が急に心替わりしたのは、一人になったときに吸血鬼たちが明さんの噂話をしてるのを聞いて、ひょっとしたらあの人が救世主なのかもしれない…!と思ったからだそうな。

ちなみに明さん、吸血鬼どもの間では「隻腕の悪魔」と恐れられているとか。
ついに明さんも、どっかの弱き者おじさんみたいな、珍妙な異名がつくようになりましたな(´・ω・`)



まあ何はともあれ、姉弟の協力を得て、明さんたちはとうとう血の楽園へ…!!


それにしても、今週になって思い出したかのように邪鬼のミサイル迎撃シーンが出てきたのは何だったんですかね…。
クソみてェな旗も相変わらずバカみてェにたなびいてましたし。





(20210215) 彼岸島 48日後… 第273話「豹丸様」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



雅の息子の1人「蟲の王」を倒したものの、変異した勝っちゃんの左腕は元に戻らぬまま。元に戻すため、そして佐吉のかたき討ちのため、拷問野郎が逃げ込んだという、“血の楽園”へ向かう明さん一行。血の楽園入り口近くで出会った盲目の「聡」の口から、血の楽園には雅の息子の一人「豹丸(ひょうまる)様」がいることが明らかに…!



正直、今週のおはなし、あんまり書くことないんですよねえ。豹丸様が邪鬼相手に「俺tueee!」してるだけなので。



ちなみに今回「血の楽園から邪鬼が逃げ出したので、大将である豹丸様自ら邪鬼を捕まえに行く」っ内容なのですが、この邪鬼っていうのが、数話前に出てきた、ミサイルを迎撃できる対空兵器邪鬼っすね。
あいつ普通に逃げたりするのかよ!ちゃんと邪鬼使いにコントロールさせとけよ、ちくしょう!!



今回の豹丸様の行動を見る限りだと、典型的な武人タイプって感じですねえ。ますます姑獲鳥様と丸かぶりで立場がねェ…。
さすまたで捕まえた邪鬼を執拗にガンガン地面にたたきつけてるのは、おそらく“反撃しようとする気が起きないよう徹底的に痛めつける”という意思のあらわれでしょう。
でも最初に捕まえた邪鬼、地面に叩かれすぎてもう死んでんじゃね…?などと突っ込んではいけないんじゃ!



あと、twitter界隈で検索をかけてみたら、多くの人がみんな「豹丸“様”」呼ばわりしてるんですよね。北斗の拳ハート様なんかもそうですけど、なんか知らないですが「様」ってつけちゃうキャラなんですかねえ、こいつって。


そして、周りの吸血鬼たちが「上様」だの「邪魔をするでない!」というセリフや、豹丸様が通ったらみんな地面にひれ伏して頭下げてるシーン…先生ェ最近時代劇に染まり過ぎェ!





(20210208) 彼岸島 48日後… 第272話「雨の日」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



雅の息子の1人「蟲の王」を倒したものの、変異した勝っちゃんの左腕は元に戻らぬまま。元に戻すため、そして佐吉のかたき討ちのため、拷問野郎が逃げ込んだという、“血の楽園”へ向かう明さん一行。どうやって入ろうかと思っていたら、ある人間の姉弟と遭遇。その弟・聡の目は吸血鬼のように赤黒かった…!



なんてこった!せっかく明さんが「一緒に血の楽園に行くのに協力しよう」って誘ってくれてんのに
聡のほうはまんざらでもなかったけれど、クソ姉貴のほうが「てめェらクソ人間どもなんか信用できねェ!」などと捨てセリフを残して逃げていきやがった!


なんてアマだ、お前なんか吸血鬼どもにレイp…などとついつい良からぬことを考えちまいそうになりますが、聡によると姉貴は人間どもに散々騙され、食料くれると嘘ついて犯されたりした事もあるせいで、兄弟以外の人間を信用しなくなっちまった…とか。

酷ェなぁ。人間も吸血鬼も彼岸島脳になっちまってるじゃねェか(´・ω・`)

いやよくよく考えてみたら、吉川(勝っちゃんの母ちゃん)や妙子とセクロスしてた吸血鬼は、見返りにちゃんと食糧あげてた
ユカポンとアナルファックしたキモオタ吸血鬼や 、I・R・T ( アイドル・レイプ・タワー ) の連中なんかも、ちゃんと彼女たちを養ってあげてたんだから…むしろその人間ども、吸血鬼より酷ェ!



結局、聡のやつも姉貴と一緒じゃないと協力できないというので、それじゃあしょうがねえから、みんなでメシでも食うべ!という展開に何故かなるのですが(いやホント何でなんですかね…?)
そこで聡から「血の楽園には“豹丸(ひょうまる)様”という名の雅の息子(アマルガム)がいる」という情報が得られます。
あー。やっぱりいるんですねボスキャラ。どうせそんなこったろうとは思ってましたが。







つうかクソでけェな豹丸様!!邪鬼並みサイズの武人タイプキャラってところでしょうか。

しっかし、蟲の王といいコイツといい、残ってる雅の息子はみんなデカブツなんですかね。
そうなると一人だけ人間サイズだった姑獲鳥様が、クソザコみたいに見えちまうから、ちくしょう!!





(20210207)キャプテン翼 ライジングサン 第118話 マドリッドへ!! & 第119話 決断!! & 第120話 がんばれ日本!!

【今回の要約】


マドリッドオリンピック・サッカー男子はいよいよ決勝トーナメントに突入。ドイツを破りベスト4進出を決めた日本は決戦の地マドリッドへ到着。準決勝のスペイン戦へ備えわずかな自由時間が与えられ各自英気を養う。


同時刻、リアソールの病室では久しぶりに若林・カルツ・シュナイダーの3人が揃う。罰ゲームのみそぎを終え、ユニフォームを交換し合い、決勝戦に向けて翌日退院する若林は、シュナイダーに対して…?


自由時間を使ってマドリッド市内に繰り出した南葛中メンバーは、オリンピックボクシング会場にやってきて、同じ南葛中出身の神田を応援。神田は翼たちの前で見事金メダルを獲得。
日向とタケシがやってきたソフトボール会場では、決勝戦の大事な局面で、日向の彼女の赤嶺真紀に急遽出番が訪れる…!


なお、次のキャプ翼マガジンは4月はお休みで、6月初旬発売!!


今回のお話はドイツ戦の後日談と、日常パートに趣を置いた回ですね。


ブラジルとアルゼンチンの試合は6-3でブラジルの勝利。サンターナ・納豆・ディアスがハットトリックを決めるという激しい点の取り合い。つうかサリナス相変わらずザルキーパーだな(´・ω・`)


ここで注目していただきたいのは「ブラジル相手にディアスがハットトリックを決めたものの」というセリフを、よりにもよって、ディアスに風貌が似てるファン来生に言わせてるところ。





お前かよ!お前がそれ言うのかよ!!



というかですね、このコマだけ見ると、まるで来生がブラジル相手にハットトリック決めたかのように見えるかもしれませんが、決めたのはお前のそっくりさんだからな!お前今大会試合出てないからな!!ただのバックアップメンバーだからな!!


そしていつの間にか、しれっとフランスに負けてるアメリカ(´・ω・) カワイソス。
勝ったフランスもフランスで、ベスト4に残った割には、今大会これまでまーったく触れられていないのがちょっと気になるところです。
実はフランスはめちゃくちゃ強くてブラジルを負かしてまさかの決勝の相手に…!なんて事には…YOO1先生だからしないだろうなあ(´・ω・`)




そしてドイツ戦後のエピローグとして、若林とカルツが入院してる病院にシュナイダーが来るという展開もばっちり描かれてます。
こういうエピローグをしっかり描いてくれるのは個人的にはとても良いと思います。

若林もなんだかんだあって、ついにバイエルン移籍を決断したようです。
最初にバイエルン移籍話が出たのって確か「Road to 2002」の頃だから…もう20年ぐらい前じゃないか!焦らしプレイにもほどがあるぜ。


そして…。






そういや試合前に約束してましたね。ドイツが負けたらシュナイダーが全裸PPAPやるって。 遠い昔過ぎてすっかり忘れてましたけど!

でまあ、めっちゃ久しぶりにPPAPの動画を見返したんですが…。






PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)”LONG” ver. ペンパイナッポーアッポーペン「ロング」バージョン/PIKOTARO(ピコ太郎)


あいつ、これを全裸でやったのか…(困惑)。


しかもシュナイダーは「サッカーでは強い者が勝つんじゃないんだ、勝った者が強いんだ! !」と明言を残すほどのストイックな男ですから、おそらくこの全裸PPAPも鬼気迫る表情でド真剣に踊っているのでしょう。
そんなもん見せられちまったらなあ…。こんなん衝撃映像ですわ。

カルツも一か所だけシュナイダーのことを「シュ“ダ”イナー」って言い間違えてますしね。
若林も「悪リィ追い詰めすぎたわ俺バイエルン行くわ…」的なノリだったのかもしれません(´・ω・`)


というか話の流れ的に、これ、カルツもバイエルンに移籍すんじゃね…?って気がするのは自分だけでしょうかね?
まあ早くても全治半年みたいなので、ゆっくり考える時間もあるでしょうし、考えが変わるのもアリかもしれませぬ。



今回のラストでは、サッカーだけではなく、他競技の選手にもスポットが。
YOO1先生はジャンプ連載時代は、ボクシング漫画の「CHIBI」とか野球漫画の「エース!」とか描いてましたからねえ。なんだかちょっと懐かしさすら感じます。


南葛中メンバーがボクシング会場に出向いて神田の応援をするシーンとか、なんかこう、いいですよね。
でも代表落ちしたせいで、一人だけ現地に応援に行けなかった高杉が不憫すぎる(´;ω;`)
た、高杉もきっとテレビで応援してたから…(震え声)


一方ソフトボール会場では、日向とタケシが見守る中、決勝戦の土壇場の大事な局面でクローザーとしてソフトボール女が登板…という展開に。
エースのアクシデントで交代…って、なんだか森崎と展開がダブりますねえ。まあ大丈夫だと思うけど。

ちなみに次のキャプテン翼マガジンは4月はお休み!ということで、6月に発売。
ということはアレか、ソフトボール女で4か月引っ張るのか…(困惑)


いいんスかねそれで(´・ω・`)



(20210201) 彼岸島 48日後… 第271話「弟の目」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



雅の息子の1人「蟲の王」を倒したものの、変異した勝っちゃんの左腕は元に戻らぬまま。元に戻すため、そして佐吉のかたき討ちのため、拷問野郎が逃げ込んだという、“血の楽園”へ向かう明さん一行。どうやって入ろうかと思っていたら、ある人間の姉弟と遭遇。その弟・聡の目は吸血鬼のように赤黒かった…!



今週は、聡の目がどうして吸血鬼のように赤黒かったのかが判明する回。

まあ、種明かしされればなんてことはありませんでしたね。聡はもともと盲目で、義眼として赤黒く塗ったピンポン玉を入れてた…ってことでした(´・ω・`)
でも前回を読んだ限りだと、聡のやつ、何度か目が見えているかのようなリアクションを取っていたような…?窓越しに明さんのほうを見て「あの人最強なんじゃね?」とか言ってたし。





例えば今週だと、クソハゲが部屋に入ってきたシーン。
これ、明らかに聡もクソハゲを見てビックリしてるように見えるんだよなぁ(´・ω・`)
姉のびっくりした声につられて、リアクションを取った可能性も無くはないのですが…まさかコイツ、心眼の使い手か…?



しっかしまあ、赤黒く塗ったピンポン玉で今までやり過ごせてきたってことは…充血した目と八重歯で吸血鬼扱いされてた岸島の件といい、やっぱり吸血鬼のやつら、判定がガバガバじゃねェか!せっかく強固な要塞築いたのに、中身がバカじゃ役に立たねえから、ちくしょう!


あと聡の姉がいちいちキャンキャン吠えててなんかウザいなあって感じましたんで、ちょっと痛い目に遭ってほしいなあ…などと思ってしまったり。
まあさすがにぶっ殺されることはなさそうですけど…デブショタの佐吉をあっさり殺した先生ェのことだからなあ…。割とマジで読めないェ…。