(20190220)キャプテン翼 ライジングサン 第88話 緊急事態

【今週の要約】


マドリッドオリンピック・サッカー男子はいよいよ決勝トーナメントに突入。日本の準々決勝の相手は、Jrユース決勝の相手だったドイツ。
2点差をつけられ正面から真っ向勝負を仕掛けるドイツ。そんな中、シュナイダーと若林が接触し、若林が負傷。背中の出血が止まらないほどのひどい重傷で、そのまま救急車で病院に直行となり、森崎が交代出場。
あまりに凄惨な惨状に動揺する日本チームに翼が喝を入れ、一方怪我させてしまったシュナイダーも、カルツに頬を張ってもらい闘志を取り戻すのだった。
残り15分+ロスタイム。ここからゲームはどう動くのか?


若林の怪我、思ったより重症でしたねえ。背中だけでなく、顔面に膝まで入ってるわ、背中からの出血が激しいわで、こりゃ今大会ここで退場か…と思える大怪我に見えるのですが…YOO1先生のことだから、間違いなくブラジル戦には若林を出場させると思われます。
若林が医者やmkmの制止を振り切って、出場を直訴する様子が、あまりにも容易に想像できてしまうぜ…。



いずれにせよ、若林は負傷退場となりました。
FWで先発した若島津は脚を負傷し、すでに交代させてしまったので、日本ベンチに残っているGKはただひとり…。






S・G・G・K(スーパーがんばりゴールキーパー)、森崎有三 !!



いやあ、こりゃすごい。
若林の負傷退場があったとはいえ、2点差を追いかけるガチのドイツ相手に、森崎をGKで起用するなんて、こんなのもう2度と見られないだろうなあ…。
森崎は今、確実に、人生最大の大一番を迎えようとしている…!
森崎ファンが見たらたまらん展開だあ(;´Д`)


そういえば、負傷退場した若林が、血まみれになった例の帽子をピッチに置いてったんですけど
ここでですね、森崎がですね 「若林さん…俺に力を貸して下さい」と言って、若林の帽子をかぶったりしたら、すげえエモいと思うんですけど、そういうのあってもいいのよ?



そして一方のシュナイダーですけど…。ううむ。これはどうなんですかねえ…。
シュナイダー的には、結局若林から1点も奪えなかったという事実は変わらないわけでして、今更森崎から何点取ったところで、格はちっとも上がりはしない。
おまけに若林を怪我させた精神的動揺もすごいですしね…。


それにしてもここ数週、シュナイダーよりも、カルツの方がよっぽどキャプテンらしい事してますねえ(′・ω・`)





(20190218) 彼岸島 48日後… 第192話「佐吉」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!


姑獲鳥(うぶめ)に囚われた勝っちゃんが上野で壮絶な生活を送っているなか、そんな勝っちゃんを救い出すため、筏で上野へ向かう明さん一行。
途中で立ち寄った邪鬼「クソ喰い爺」に勝っちゃんらしきヤツが捕まっているっぽいので、激闘の末なんとか倒し、捕まっていた人々を救出。しかし勝っちゃんと思われていた子供は、全くの別人。肩を落とす明さん達だったが、どうやらコイツ、勝っちゃんのことを知っているらしいぞ…?



ふるまわれたカレーを皆で食いながら(あんだけ糞まみれの戦いをした後で、よくカレーが食えるなあコイツ等)、助けたアナザー勝っちゃんから詳しく話を聞く明さん達。


デブガキの名前は佐吉。柔道師範代だった父親と、母親が殺され、たった一人目隠しをされ、連れてこられたのが、勝っちゃんのいる、人間がたくさん閉じ込められているどこぞの牢屋だった、とのこと。
そんな彼を待っていた洗礼とは…。



hm


ショタホモじゃねェか!!


こんなデブガキを食っちまおうとするとか、なんだコイツ危ねェぞ!
おまけに「(男子でも)どっちでもいいわ、俺が女だって信じ込めば穴は同じだろ」とか、とんでもないパワーワードまで口にしてやがる…。
まったくもう、リッツカールトン先生ェの性癖がマニアックすぎるから、ちくしょう!


ちなみに勝っちゃんも以前別のショタホモに襲われそうになったそうですが、そいつのチンコを噛み千切って以来、周囲から恐れられていたとか。
まあ、勝っちゃんは小4にしては戦闘力高いですからね。でも「ハ、やりかねねェな」と口にする鮫島様のリアクションもどうかと思うェ…。お前は勝っちゃんを何だと思ってんだ、このクソハゲェ!


そんなある日の夜中、佐吉は勝っちゃんから、脱獄の話を持ちかけられます。
しかし同時期に、鍵開けのプロと、アナルに針金を入れて持ち込んだヤツが牢屋に収容されているってのも、都合良過ぎィ!
まあ、刀なんてその辺の地面から生えてくると言われてた彼岸島ですからね。何をいまさらなのかもしれませんが。


とはいえ、佐吉だけがいて、勝っちゃんが居ないってことは、途中でなんかあったんだろうなぁ…。





(20190209) 彼岸島 48日後… 第191話「カッター」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!


姑獲鳥(うぶめ)に囚われた勝っちゃんが上野で壮絶な生活を送っているなか、そんな勝っちゃんを救い出すため、筏で上野へ向かう明さん一行。
途中で立ち寄った邪鬼「クソ喰い爺」に勝っちゃんらしきヤツが捕まっているっぽいので、最低最悪に下品な相手に戦いを挑むも、一度は敗北し、無理矢理全裸にされて、無理矢理ゲロを食わされ脱糞するなど、敗北感を味わった明さん。しかしなんとか自力で脱出し、仲間達の頑張りで義手も戻り、ついにクソ喰い爺を倒した…!



やったぜ。ついにクソ喰い爺をぶっ頃したぜ。いやあ下品極まりない最悪な相手だった…。
しかし、邪鬼は生命力が強いからまだ安心できねェという事で、明さんは1人クソ喰い爺にとどめを刺しに行くと言い出します。







明さんやりすぎィ!!


明らかにオーバーキルだと思うんですが、まあこれはアレですよ。無理矢理服をひん剥かれ全裸にされて、無理矢理ゲロを食わされた挙句、脱糞させられるという恥辱を味わったのですから、明さんも内心すげェムカついていたんでしょう。ついついムキになっちゃうのも仕方が無い。



その間、クソ喰い爺に捕まっていた人間達を、次々に解放していく鮫島様。そしてついに、明さんの名前を読んで助けを求めていた、勝っちゃんらしき子供を見つけます。待ってろ勝次、今助け出してやるからな…!






誰だお前!?



なんだこのクソガキ!ブチャラティみたいなぱっつんヘアーなんかにしやがって!
アナザー野原ひろし、アナザーかばんちゃんに続いて、アナザー勝っちゃんまで出てきやがった…!
ちくしょうタイムジャッカーのヤロウぜってェ許さねェ!







まあ、明さん達は知る由もありませんが、我々読者は上野のどこぞの牢獄で、臭い飯をムシャムシャ食ってる、本物の勝っちゃんを目撃していますからね。こんなところに本物の勝っちゃんが居るわけがないんだって、分かってたはずなのに…。
でも、やっぱりニセモノだとわかるとガッカリ感が半端ねェ…。

鮫島様「ちきしょう、こんなにボロボロになってまで必死で…
クソ喰い爺との戦いはなんだったんだ…とんだ無駄骨じゃねェか…」


このクソハゲのセリフは、多くの読者の気持ちを代弁するかのようですなあ(′・ω・`)
仮面ライダージオウ先生ェは「これで連載引き伸ばしが出来たぜグヘヘヘヘ」とか思ってそうですが。



まあ、勝っちゃんはいなかったけど、多くの人間を助けたからいっか。じゃあとっとと上野に行くぜーとなった明さん一行ですが、するとここで、さっきのアナザー勝っちゃんが話しかけてきました。
なんとコイツ、一時期本物の勝っちゃんと一緒に居て、勝っちゃんを兄貴分と呼び、帽子も貰ったとか言ってやがる!
あれ?でも姑獲鳥(うぶめ)が勝っちゃんを連れ帰る際、なんか鳥かごみたいなオリの中に、勝っちゃん入れてませんでしたっけ…?
たぶん荒野行動先生ェのことだから、そんな事は素で忘れちゃったのでしょう(′・ω・`)



「勝次さんに会いに来たんだろう明、俺案内するよ」と言い出し、こうして、アナザー勝っちゃんが明さんパーティーに加わりました。
アナザーキャラと行動を共にするなんて、どこのけものフレンズ2だよ、ちくしょう!






(20190207)ダンゲロス1969 第12話 決戦の予感

全話から、いきなり半年経過。


今号のダンゲロス1969は、くしくも掲載位置が一番最後ですし、展開も“最終決戦が近い!!”みたいな流れになっているので、原作を知らない人が読んだら「え!?ひょっとして打ち切られるんじゃ…」と、勘違いする人が出ちゃうかも。



今回のお話で、一番目立ってたのは「電マ会」のヨネスケ・ヴァレンタインでしょうか。
「電撃的魔人解放会議」を、「電マ会」と略しちゃうセンスは、さすがはダンゲロスといったところでしょうかね。どうしてそう略した。


…で、このヨネスケ・ヴァレンタインの外見ですが、思った以上にヨネスケそのまんまでした。





確認のために、ヨネスケで画像検索したら、本物のヨネスケの画像が出てきて、やっぱり似すぎてて2度吹き出しました。

ヨネスケの顔でここまで爆笑する事なんて、たぶん人生最初で最後じゃないかなあと思います。



それにしても、学生運動に参加してるって事は、ヨネスケも大学生または院生って事っすよね…。
見た目はどっからどう見ても40代ぐらいのオッサンにしか思えませんが、気にしちゃいけない。
というかよく見たら、持ってる巨大しゃもじに、それっぽく「突撃!隣のDANGEROUS!」って書かれてやがる…!
さすがは横田先生、芸が細かすぎる…。


まあ、今の20代以下の人に「突撃!隣の晩ごはん」*1 という元ネタ、どれだけわかるんだよってのはさて置いて。





その他のシーンを見てみると、タルジュが他の魔人団体の連中を捨て駒にする気マンマンで、暗黒面見せまくっていたりとか、あとは姦崎姦の触手攻撃から小竹さんを守るべく、アーニーが英語を使うシーンが目立ちました。
特に英語を使うアーニーの強キャラ感がハンパねえっすね…。まるでコイツが主人公みたいだあ…。




*1:日本テレビ系列の朝のワイドショー番組『ルックルックこんにちは』のワンコーナーから始まった名物企画。夕食の時間帯に、巨大しゃもじを持ったヨネスケが町の家をアポなしで訪ねて、その家の晩ごはんを紹介していくという、今じゃ考えられないような破天荒な内容でした。

(20190206)キャプテン翼 ライジングサン 第87話 激しさがゆえに…

【今週の要約】


マドリッドオリンピック・サッカー男子はいよいよ決勝トーナメントに突入。日本の準々決勝の相手は、Jrユース決勝の相手だったドイツ。
2点差をつけられ正面から真っ向勝負を仕掛けるドイツ。タイガーボランの雷獣シュートに反応したシェスターがゴール前でシュートの弾道を変更。若林はこれをかろうじて指先で触れて防ぐものの、こぼれ球をシュナイダーと追いかけっこ。かろうじて若林がこぼれ球に先に追いつき、ピンチを防ぐものの、勢い余ってシュナイダーのスパイクが、若林の背中に接触リアソールの悲劇が…!


上記の要約では触れていませんが、今回の前半は、合宿中のタイガーボランとカルツの過去話が中心。
「ゲンさんによると、日向は鉛の入った重いボールで鍛え上げ、雷獣シュートを身に着けたらしい」という情報をカルツから聞かされ、これを真に受けちゃったタイガーボランは、特注のブラックボールを作らせて、トレーニンとかしだしてます。お前それを信じちゃうのか(困惑)


なるほど、これで雷獣シュートを身に着けて…って、そのブラックボールの特訓とかのせいで、日向は左右のバランスが極端に悪くなっちまったんですが、大丈夫なんですかねえ…?
予想外の方向に飛び火する吉良イズム。やっぱ怖いスね。伝聞は。



そして今週一番のポイントは…若林の負傷!
まあ、ぶっちゃけこの試合は若林が鉄壁過ぎて、つまらなさの原因の一つにもなってたしなあ…。
ここで負傷させ、格を落とすことなく一時退いてもらって、決勝戦で若林起用…ってパターンですかね。

こうなると若島津の出番だ!と普通ならなるのですが、その若島津はFWで先発し、タイガーボランに脚を削られて負傷 、新田と交代してピッチを去ってるから、もうこの試合では若島津は使えない…。
というか、肝心な場面で、若島津の二刀流設定が完全に裏目に出てるじゃねえかよ、えーっ!? これは吉良監督無能采配ですわ。


となると…まさかの森崎出場!?


ここで若林が「ミューラーは左手ケガしてるのにもかかわらず出場してるのに、俺はこんな所でピッチを去るわけにはいかねぇんだよぉ!」などと無理を言って、最後までGKを続けたり、そもそも森崎がベンチに入ってないから、急造GKでしのぐ(その場合はたぶん練習でGKをやってた経験のある井川がやりそう)という可能性もありますが…。


もっとも、井川がどのポジションでもこなせるオールランドプレイヤーであることなんて、多くの読者が忘れちゃってそうですが。
試合じゃずっとセンターバックで使ってましたからね…。



というわけで、若林続投・森崎に交代・それ以外の選手(たぶん井川)をGKに…などなどいろいろなパターンが考えられるのですが、個人的には、やはりここは森崎投入で行ってほしいところ。
森崎なら点を取られても防いでも、どっちに転んでも絵になる美味しいキャラですし、読んでる読者も、まったく先が読めないからハラハラ感が味わえますからね!


残り時間約20分。2点差を追いかける本気ドイツの前に立ちはだかる森崎とか、想像しただけで、オラ、ワクワクしてきたぞ!
この展開を狙ってやってるとしたら、YOO1先生は本気で凄ェ!と思います。



ただ、森崎のヤツは、いつぞやのJRAとのコラボ漫画で、若林の負傷交代で入ったとたん4失点逆転負け!という大失態をやらかしてるんだよなぁ…。
大丈夫っすかね?









(20190204) 彼岸島 48日後… 第190話「怒れる鬼神」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!


姑獲鳥(うぶめ)に囚われた勝っちゃんが上野で壮絶な生活を送っているなか、そんな勝っちゃんを救い出すため、筏で上野へ向かう明さん一行。
途中で立ち寄った邪鬼「クソ喰い爺」に勝っちゃんらしきヤツが捕まっているっぽいので、最低最悪に下品な相手に戦いを挑むも、一度は敗北し、無理矢理全裸にされて、無理矢理ゲロを食わされ脱糞するなど、敗北感を味わった明さん。しかしなんとか自力で脱出し、仲間達の頑張りで義手も戻り、クソ喰い爺に決定的なダメージを与える…が、追い詰められたクソ喰い爺は無修正ズル剥けチ●コに触手の生えた最終形態に変化する…!



やったぜ。ついにクソ喰い爺の頭部に、義手ソードの一撃を叩き込む事に成功した明さん。
今週はクソ喰い爺解体ショーの始まりや。みんな見とけよと言わんばかりに、1話丸々使ってクソ喰い爺をいたぶっていきます。やったぜ老人虐待。
まあ、直接見てるのは鮫島様だけなんだけどな。
そのクソハゲは鬼気迫る明さんの解体っぷりを見て「味方の俺まで震え上がっちまう」とか言いながらガクブルしています。でもこの分じゃ、邪鬼以上のやつが相手だと、あんまり戦力にはならなそうっすね…。結局明さん便りになるのか。


次々と一撃を入れていき、命乞いをする爺の言葉にも耳を貸さず、触手もスパスパ。
最後は義手ソードで、クソ喰い爺の首をチョンパ!そして首を豪快に蹴っ飛ばす明さん!
あんなでっかいのをよく蹴っ飛ばせるなあ…。明さんめちゃくちゃキック力有るぞ(′・ω・`)



まあ、何はともあれ、ようやくクソ喰い爺を倒しました。
しかしこの後、クソ喰い爺の胴体部分で捕まっている、人間を救出しなきゃならんと考えると、まだまだ何か有りそうな気がしますねえ…。
果たして明さんの名前を叫んでいたガキんちょの正体は、本当に勝っちゃんなのか!?
…ま、ネズミはこのまま助けなくても、いいんじゃないっスかね?(ゲス顔)