(20191111) 彼岸島 48日後… 第223話「裏切り女」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



かつてユカポンも捕まっていた「I・R・T(アイドル・レイプ・タワー)」の吸血鬼どもをぶっ殺し、食料を奪うついでにアイドル達を救出した明さん一行。次なる国会議事堂には「蟲の男」なる雅の息子がいて、一個中隊が戦車で挑んで、壊滅しちまうほどやべェヤツだそうな。
ちなみに雅の息子は長男から順に強さ分けされてるそうで、この「蟲の男」は4男姑獲鳥が5男…って


うわ来たよ!倒したばかりの中ボスの格下げ!本当に安易だなあこの漫画は(′・ω・`)


「姑獲鳥がやられたようだな…」「ククク…奴は雅様の息子の中でも最弱…」「人間ごときに負けるとは雅様の息子の面汚しよ…」とか言ってる謎のシルエットの男たちが目に浮かぶようだェ…。
まあ、ソードマスターヤマトとは違って、彼岸島は展開を無駄に引き伸ばしまくりだけどな!



…なんて話を皆でしてたら、ついさっきまで部屋の外でゲロ吐いたり失禁してたユカポン(26歳アイドル)が遅れて部屋にやってきます。するとアイドルたちの表情が一変し…。






無駄に作画に気合の入ったビンタシーンだあ…。
ここだけ、まるでドラゴンボールのバトルシーンみたいな迫力すら感じるェ…。



…で、なんでこのアイドル達がここまでユカポンにブチ切れているのかというと、要約するとこんな感じのようです。

無理矢理連れてこられたアイドル達「ひどい事したら自殺してやる!」と自殺をちらつかせ、吸血鬼達に抵抗

最初は手コキやフェラで満足してたところへ、新入りのユカポンが吸血鬼の言う事に何でも答えちゃう

ユカポンのせいでプレイのハードルが上がってしまい「どんな命令もきかなきゃ頃す」と、他のアイドル達もハードなプレイを強要されるように…。


ユカポンのサービス精神が仇となっちまったのか…つれェなァ…。
それにしたってここまでブチ切れるなんて、尋常じゃありません。
コイツ等は吸血鬼どもに、どんなプレイをさせられ…。











ええ…。(困惑)



面白半分でうんこ食わせるってなんだよ!!暗井くんじゃねェか!!
アイドルにゲロやうんこを食わせるとか、まったく、この漫画の連中は異常性欲者ばかりじゃねェか!!


それにしても、最近フェニミスト界隈で、漫画にイチャモンをつける風潮がある中、こんな下品なシーンを堂々と描くリバプールの風先生ェのこの力強さはいったい何なのか。
あと、先生ェはアイドルを何だと思ってんだ、ちくしょう!





(20191108)ダンゲロス1969 第21話 “ブンコ”結成

触手刑事が死んだせいで、話が大きく動き出しちゃった第21話。


けっこう話は進むのですが、原作のところどころがはしょられてますねえ。
たとえば、国鉄職員がチェーンソー片手に発狂しながらも解体作業をしてるシーンとか、電マ会が東大の食堂を襲って、ド正義さんがブチ切れるシーンとか…。
特に国鉄職員のシーンとか、原作だと、奇声を叫んでゲロ吐きながらチェーンソーを振り回すあたりが、がかみイズム全開でけっこう好きだったんですけどねえ。…まあアレはどう考えてもグロい上に、そのわりにはあんまり重要では無いのでしょうがないか(′・ω・`)



あと、今月全編に渡って、タルジュのツラが極悪人過ぎる(((((( ;゚Д゚))))))







(20191106)キャプテン翼 ライジングサン 第101話 まだだ!!

【今週の要約】


マドリッドオリンピック・サッカー男子はいよいよ決勝トーナメントに突入。日本の準々決勝の相手は、Jrユース決勝の相手だったドイツ。
終盤ドイツに3-2と逆転され、アディショナルタイム最後のプレイで翼と岬がオーバーヘッドツイン。なんとか必死にクリアしようとするドイツと、そうはさせじとチャンスを続ける日本。最後は井川を発射台にしたスカイラブで翼がラインを割りそうなボールをかき出すと、そのこぼれ球を日向が左足でのワイルドタイガーボレーシュート!今度こそ決まるか…!?


まだ点が…入らない(´・ω・`)


明らかに時空が歪んでいるとしか思えねえ程の、緩やかな時の流れだあ…。アニメ版ドラゴンボールZで、ナメック星消滅まで後5分!から、何週も引き伸ばされている映像を見ているかのようだあ…。

しかも、これで仮に日本が同点にしても(ここでドイツに勝たせるとはどうしても思えないので…)、まだ延長戦が待ち受けているわけで…。延長戦をダイジェスト扱いにでもしない限り、ドイツ戦は当分終わりそうに無いなあといったところでしょうか(′・ω・`)


気になるのは、翼をスカイラブで飛ばした時、「ぐきっ」と脚を痛めたような擬音がして井川が顔をしかめる描写がある事ですかね。
翼もなんだかんだ言って、「Road to 2002」の序盤で、ハワイでフィジカルトレーニングとかめちゃくちゃしてたから、けっこう体重はあるのでしょう。葵だったらこうはならなかったのに(′・ω・`)

これが何を意味しているのかというとですね、延長戦に入ったら、心停止し、幽体離脱までした三杉を引っ込めて次藤を入れるモンだと思ってたんですが、井川が脚を痛めた事により、こっちと交代させる可能性も出て来たってことですよ…。

まあそれでも本来なら、常識的に考えて、心停止しかけた三杉と替えるべきだとは思うんですが、三杉がここで中学時代の翼みたいに「この試合に勝てるなら死んだってかまわない!」などと強がりを言って*1意地でも引っ込まない展開も有り得そうだから恐ろしい…(((((( ;゚Д゚))))))



あと、どうでもいいっちゃどうでもいいのかも知れませんが、最後の日向のシュートシーンで、翼が「頼む日向ァ!!」と呼び捨てにしてるんですよね…。
翼って、自分が認めた同年代の日本人相手には「くん」付けしてるんですよね。つまり…。
まあ、切羽詰ってる状況だから、思わず呼び捨てにしちゃっただけかもしれませんし、しれっと単行本で「くん」付けに修正されてるかもしれない(′・ω・`)




*1:なお三杉はワールドユース編のブラジル戦でも「最強ブラジルに勝って、日本が世界一を取れるなら死んでもかまわない!」とは言ってました。まあこの時は全然元気でしたが。

(20191102) 彼岸島 48日後… 第222話「I.R.T」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



捕まっていた勝っちゃんを救出し、雅の息子と呼ばれる強大なアマルガムの1人「姑獲鳥」を倒した明さん一行。次に到着した上野で、吸血鬼の集落が国会議事堂にあるとの情報を得たのですが…そういや先週、上野に着いてから、なーんかユカポンの様子がおかしいぞ…?



ここでなんと、ユカポンが池袋のキモオタ吸血鬼に飼われて、裸でつれ回されたりしていた「悲しい過去」が判明!
上野に入ってから彼女の様子がおかしかったのは、当時のトラウマがよみがえって、気分が悪かったからみたいっすね。





なんで野獣先輩の腕組みポーズなんですかね…?


池袋のキモオタ吸血鬼っていうと、ああアレか。「性器を舐めあいっこしようよ」とか「よしもうギンギンだ、アナルセックスしよう」とか、名言を連発してたアイツか。アイツも1週で退場するには惜しいキャラだったェ…。



で、ユカポンが言うには、この辺の近くのマンションで、吸血鬼達に飼われていたそうで…。


ユカポン「あそこに見えるでしょ、あのマンション
あそこの七階、フロア全体でみんな何かしらのアイドルを監禁してて、私は七〇三号室
アイツらI・R・T アイドル・レイプ・タワーって呼んでたわ」





なんだよ「I・R・T(アイドル・レイプ・タワー)」って!!なんちゅう名前をつけるんだ!!
建物の名前で爆笑したのは、SWORD BREAKER(ソードブレイカー)の「魔城ガッデム」以来だよ!!


何の変哲も無いマンションに「アイドル・レイプ・タワー」という名前をつける、マツモティーヌ先生ェのセンスがハンパねェ!!
上野だったらあの程度の高さのマンションなんて、いくらでもあるから、ちくしょう!!
やはり、休載明けの先生ェはパワーが違いすぎるェ(′・ω・`)



これを聞いたユカポンファンでもあるネズミの野郎「今からレイプタワーに乗り込んで、その吸血鬼どもをぶっ殺してやる!」とブチ切れていますが、肝心の明さんは雅とは直接関係の無いクエストに、あまり乗り気では無い様で…。

明さん「寄り道などする気はない、だが腹が減った
その七階の吸血鬼たちならたんまり食い物を溜めてるはず
ごっそりいただこう、全員殺したあとにな」


ツンデレのつもりなんでしょうけど、そこらの悪党よりひでェ事言ってるよ、この主人公!!



というわけで、アイドルを性の慰み者にしてるクズ吸血鬼達をぶっ殺して、ついでに食料を強奪するため、I・R・T(アイドル・レイプ・タワー)へやってきた明さん一行。
ご丁寧に入り口にも「I・R・T(アイドル・レイプ・タワー)」って書かれてやがる(′・ω・`)





ここでユカポンが吸血鬼に「怖くないぞ!お前たちなんて全然怖くないよクズどもォ!!」と吼え、己のトラウマを乗り越えようとするシーンは、彼岸島にしては、なかなかグッと来るところがありますね。
まあ、目の前でジョードボドボドボとおしっこお漏らししてる状態で叫んでもあんまり説得力無いけどな(′・ω・`)


それにしても今週のユカポンは、人前で失禁したりゲロ吐いたりと、昔のヨゴレ芸人よりも扱いがひどいんですが、先生ェはアイドルに恨みでもあるんですかね…?



この後大量の吸血鬼が襲い掛かってくるんですが、例によって瞬殺。






コレだけ大量の吸血鬼が1ページ持たずに全滅とはつれェなあ…。
彼岸島の初期なんて、吸血鬼がメチャクチャ脅威に感じたのに。
強くなり過ぎてしまうってつらい事だなあ(′・ω・`)



なお、この後助け出したアイドルから「国会議事堂には“蟲の王”と呼ばれるとんでもないボスがいる」との情報をゲットしますが
正直I・R・T(アイドル・レイプ・タワー)のインパクトが強烈過ぎて、国会議事堂がえらくショボく感じちまうから、ちくしょう!!





(20191028) 彼岸島 48日後… 第221話「上野駅」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



今週からは新展開。東都ドームに囚われていた勝っちゃんを救出し、更に雅の息子の1人である姑獲鳥(うぶめ)の野郎を激闘の末、ついに撃破。
最後は見晴らしの良いドームのてっぺんに姑獲鳥(うぶめ)を連れて行き、明さんから「お前は最強だったぜ」と言われた後、満足そうに?息を引き取りました。





え…?ドームの頂上に死体放置するの?明さんは、斧神様とか、吸血鬼化した西山たちと戦った時は、ご丁寧にお墓作ってあげてたのに、姑獲鳥には作ってやらないのか!
と思ったんですが。成程。鳥だけに、鳥葬(ちょうそう)にするってか。
ちくしょうみんなのマゾ豚先生ェのくせに味なマネしやがって!!



その後、勝っちゃんとの再会を喜んだり、しばしの休息を取ったあと、最大の目標である、雅の野郎をぶっ殺すため、とりあえず勝っちゃんが捕まっていた上野へ向かう明さん一行。
いつものように吸血鬼をボコっていると、牢屋の鍵をゲットしたので、鍵を使って開けてみると…?






一瞬右のヒョロガリくんが、隊長かと思ったェ(′・ω・`)
そういや隊長は元気にしてっかな…って、よくよく思い返してみたら明さんがぶった斬っていたから、ちくしょう!!



それでも、他に捕まっていた人間達から色々情報を聞いていると、ここから南に大きな吸血鬼の集落があるよ、とのこと。







マジかよ…。国会議事堂じゃねェか!!
日本の政治の中枢にまで、吸血鬼の魔の手が及んでいるとか、世紀末感があって超やべェ感じがしちまうぜ!

でもこのまま下仁田ゴールデンサイダー先生ェが調子に乗って、皇居までも吸血鬼のアジトにしちまわねェか、心配になってきたェ(′・ω・`)





(20191016)キャプテン翼 ライジングサン 第100話 最後の最後まで…!!

【今週の要約】


マドリッドオリンピック・サッカー男子はいよいよ決勝トーナメントに突入。日本の準々決勝の相手は、Jrユース決勝の相手だったドイツ。
終盤ドイツに3-2と逆転され、アディショナルタイム残り1分でボールは石崎へ。石崎からの高いボールを受け、翼と岬は“ハイスピードトルネードスカイアルファ”の体制に入る。カルツの静止も振り切りシュート炸裂…と思われた瞬間、シュナイダーが阻止!しかし諦めない翼と岬はそのこぼれ球をダブルオーバーヘッドシュートをしようとするのだった。


まだ点が…入らない(´・ω・`)


ハイスピードトルネードスカイアルファをシュナイダーが防ぐのは正直ちょっと予想外でした。てっきりカルツが防ごうとするも失敗→ミューラーが何とか反応するという→こぼれ球を誰かが決めるって流れかと思ってましたので。


まあでも審判が時計をチラリとは見てますので、このワンプレイが終わったら間違いなく笛を吹くんでしょう。
流石にオーバーヘッドツインなら、森崎ならともかく、ミューラーなら反応はすると思うので、誰かがねじ込むんでしょうけど…今週弥生ちゃんが医務室のベッドから起き上がって、改めてフラグを立てた三杉がその大役を担うのか。でも扉絵じゃなんか胸抑えてるし…まーた妙な事にならなきゃいいんですがねえ…。やべえ予感しかしない。




(20191012) 彼岸島 48日後… 第220話「強い男」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!


姑獲鳥(うぶめ)に囚われた勝っちゃんが、東都ドームで行われている武闘大会の賞品にされていると知り、ドームへとやってきた明さん一行。明さんは勝っちゃんを救出するため、狐のお面をかぶったコスプレ姿で参戦。そして決勝戦で、かつて一度敗れた相手、姑獲鳥(うぶめ)と再び合間見える…!



追い詰められた明さんですが、姑獲鳥がワイヤーを踏んづけてスッ転ばした一瞬のスキを付いて、襲い掛かる…!そして…!
やった!首をチョンパした!!“いかに不死身でも首がちぎれて生きていられる生物はいない”って誰かさんも言ってたから、これで完全決着だあああああ!!!








とったど-!!


そういや勝っちゃんの母ちゃんも同じ事してたな。
うんこ10連ガチャ先生ェ、無人島0円生活好き過ぎだから、ちくしょう!


それにしても、このコマだけ見ると、明さんめっちゃ吸血鬼ウイルスに感染してそうに見えるなあ(′・ω・`)
なお、吸血鬼どもはそんな明さんの「とったどー!」を見て「姑獲鳥様を倒しちまうとはコイツ超やべェ!怪物だああ!」などと叫んで一目散に逃げ出してしまいました。展開が単純だあ…。



こうして勝利の余韻に酔いしれる…ことなく明さんはブッ倒れていると、まだ息の有った姑獲鳥が「死ぬ前に、高くて見晴らしのいい所に連れてってくんね?」と言い出したので、応じてあげる明さん。
そして連れて来たのは…東都ドームの屋根。
これはアレか。青春ドラマモノでよくある、河川敷で2人で殴りあった後、大の字になって「お前なかなかやるじゃねえか」とおたがいの健闘を讃えあう的なヤツか。



その後明さんと語らいながら、姑獲鳥は息を引き取るのですが…お前18歳だったのか(′・ω・`)
18歳にしては貫禄が無駄にありましたね、コイツ…。