(20181210) 彼岸島 48日後… 第185話「水中の光」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!


姑獲鳥(うぶめ)に囚われた勝っちゃんが上野で壮絶な生活を送っているなか、そんな勝っちゃんを救い出すため、筏で上野へ向かう明さん一行。
途中で立ち寄った邪鬼「クソ喰い爺」に勝っちゃんらしきヤツが捕まっているっぽいので、明さんは、最低最悪に下品な相手に戦いを挑む…!
一度はクソ喰い爺に敗北し、無理矢理全裸にされて、無理矢理ゲロを食わされ脱糞するなど、敗北感を味わった明さん。しかし偶然刺さっていた木片の端っこを利用して、ゲシゲシ足元の空間を削り、ついに脱出に成功!そして木片をみかんに突き刺し、バットで打つ事で、クソ喰い爺の目潰しに成功!この木片超助かる!



クソ喰い爺がひるんだ隙に、明さんの義手を探しに寺へ走る鮫島様。残された明さん達は、その間建物に潜んでやり過ごそうとするのですが…ひいいい!クソ喰い爺が建物を破壊しにきやがる!
その間ゆかぽんともう1人のモブ人間の手を借りながら、隣のビルに移ったりするのですが、いつもの義手が無いだけでこんなに頼りなくなってしまうのかと、己の非力さを前に、珍しく明さんが弱気です。
最近は戦闘マシーンかと見まごうほど、まったく感情を表に出さなかったですからねえ。明さんにもまだまだ人の心が残っていたのかと、ちょっと安心してしまうシーンだェ…。



一方、寺へ潜入した鮫島様。明さんの服と、義手の筒に当たる手のパーツは見つけたようですが、肝心の義手が見当たらねェ…。と思いきや、水中にキラリと光るものが。
…って、重要アイテムが光って見えるとか、最近のRPGみたいな親切設計だから、ちくしょう!!
いくらなんでも、ゲーム脳過ぎだろ、トロサーモン先生ェ…。






おお、あっさり戻ってきやがりましたね。もっと何週も引っ張るかと思ったのに。
個人的にはこのシーンで、明さんがめちゃくちゃ嬉しそうな表情してるのが、ほっこりしますね(;´Д`)
そりゃもう今は亡き隊長が、明さんの為にせっせとこしらえてくれた義手ですものねえ。

あと、鮫島様が持ってる義手「右腕!!」って言ってるけど
どう見ても左腕じゃねェか、ちくしょう!!

左右盲先生ェ、ココまで来るとわざとやってるんじゃねェか、って思うェ…。



さあ、後はこの義手をどうやって明さんに手渡すのか。すると川を挟んで対岸のビルに居た鮫島様は、明さんに向けてロープをブン投げると、そのロープに義手をくくりつけて…。







なるほど。この方法なら確実に明さんに義手を渡すことが出来る…って、どう考えても直接手渡しした方が絶対いいだろクソハゲぇ!とツッコミを入れたくなっちまいますが、やめんか!スーパーマラドーナ先生ェは、ちょっとしたスリリング&しゃれっ気を読者に見せたかったんじゃ!…たぶん。



さあ、果たしてクソ喰い爺に見つかることなく、義手は明さんの元へ無事届くのか?
万が一これでクソ喰い爺に見つかったり、途中で義手が川にドボンと落っこちてしまったら、クソハゲが最大級の戦犯になっちまうのですが…。どうなることやら。





(20181207)ダンゲロス1969 第十話 一触即発

今回は、プロ魔連と革マジメンバーが対峙する展開が中心。

原作と違って「ユキミが革マジメンバーと一緒に現れる」ため、ユキミがプロ魔連のみんなに詰問されてるシーンや、筑摩が二日酔いに悩まされながらしどろもどろに鍵を無くした事を答えてるシーンがカットされてますが、あとは概ね原作どおりの流れですね。


個人的にすごいなあと唸ったのは、後半のユキミとマゆゆのシーンでしょうかね。このシーン、原作だとユキミはあんまり喋ってないのですが、漫画だと説明する都合上、ユキミがマゆゆに苦悩を告白する…みたいな形になってるんですが、
怒りに身を任せてしまったと苦悩するユキミがめっちゃ感情豊かになり、すごく主人公してる!感じが出てますし、マゆゆのヒロイン力が、漫画版だとより強調されてる気がします。めっちゃいいシーンになってる…!



そしてラストには…出た!ついにヤツがきた!






存在自体が超危険人物?のアイツが、ついにお出ましか…。
果たして横田先生は、コイツをどう料理してしまうのか…?楽しみでもあり、恐ろしくもある…。




(20181206)キャプテン翼 ライジングサン 第83話 セーフティ or リスキー

【今週の要約】


マドリッドオリンピック・サッカー男子はいよいよ決勝トーナメントに突入。日本の準々決勝の相手は、Jrユース決勝の相手だったドイツ。
日本に先制点を奪われたドイツの猛攻をことごとく若林が防ぎまくると、逆に日向と若島津がカウンター攻撃からPKを獲得。これを日向が見事に決め、2点差に。U-21欧州選手権を制したドイツを圧倒する日本の実力に、TV観戦していたヨーロッパ選手たちは驚きの声を上げる。
追い込まれたドイツはシュミット兄弟を下げて、ハインくんと、今大会初出場のFWマリオ・ゲーテを投入。ボールを持ったゲーテは、日本の弱点はここだとばかりに、石崎に対してドリブルを仕掛けるが…?


今回の見どころは「日向、PKを決める」「TV観戦してるヨーロッパ選手たち」「途中出場のマリオ・ゲーテ」この3つになるかと思われます。


まずはPK。あっさり日向が決めちゃいましたね。読みの外れたミューラーも必死に足を伸ばして防ごうとはしてましたが、はじき飛ばされ無念の失点。それでも一応防ごうとボールには触れたのだから、ギリギリ格は保ったといったところでしょうか。


とはいえミューラーは、ブラジル戦のリバウールさんのPKといい、今回の日向のPKといい「ヤツは必ずおれの負傷した左手を狙ってくる」というヤマを2度も外しちゃったわけで…これはギュンター師匠激おこは間違いなしでしょうなあ。日本戦、師匠全く出てこねえけど。


なお、タイガーボランに足を削られた若島津ですが、交代はせずそのままピッチに復帰。試合前にフラグの立ってた新田の出番は、まだまだお預けのようです。つらいのう、ヤス…。



…で、この試合の模様をU-21欧州選手権に出ていた選手たちがTV観戦してた…という展開に。
具体的には、ピエールとナポレオン、ヘルナンデスとジェンティーレ、レヴィンにクライフォート、デンマークギロッポンコンビなどといった面々がこの試合をTV観戦しているのですが、その中に…。



ロブソン、生きとったんかワレぇ!!


YOO1先生、ロブソンのこと覚えてたのか…。30年以上ぶりの出演じゃないか。
これはアレやな?いずれ行われる(かもしれない)ヨーロッパチャンピオンズリーグ編で、ロブソンが大活躍するフラグに違いない(爆)


ちなみにヘルナンデスはU-21欧州選手権でドイツと対戦し、シュナイダーから3失点したとのこと。
相変わらずイタリアの扱い悪いぞこの漫画!

とはいえ、この前のブラジル戦で、サリナスがシュナイダーから4点取られてたことを考えると、ヘルナンデス3失点は、まあこんなもんなのかなあ、という気もしなくもありませんが。



結局、彼らの発言をまとめると「日本ハンパないって!あいつらハンパないって!U-21欧州選手権優勝のドイツめっちゃ圧倒してるもん!そんなん出来ひんやん普通」って感じなのですが、ここまで日本ageが激しいと、どっちが主人公のいるチームなんだよ!って気がしてきます。それぐらい日本のラスボス感が半端ねェ!!


あと気になるのは、今大会決勝トーナメントに残ってるフランスのピエールが「ヨーロッパNO.1のドイツでも」って言ってるところ。
フランスは順当にいけば、決勝トーナメント準決勝でブラジルと戦うことになる(と思われる)のですが、この発言を聞く限りだと、フランスのラスボス展開はなさそうだなあ…。ちょっと期待してたのに。
ああ。フランスが、ブラジルに無慈悲スコアで虐殺されてる展開が目に浮かぶ…。現実は厳しいぜ。



そして、2点ビハインドとなってドイツベンチは動きます。守備のスペシャリスト、シュミット兄弟を替えて、ハインくんとマリオ・ゲーテなる選手を投入。


ハインくんはおそらくJr.ユース編に出てきたヤツだと思われますが…気になるのはもう一人のマリオ・ゲーテ
スウェーデンのフェデリックスみたいな外見ですね。






今回のオリンピックではこれが初出場となりますが、U-21欧州選手権ではケガしてたマーガスに代わって、シュナイダーとツートップを組んでて、小柄ながらドリブルとテクニックに優れた選手…とのこと。


うーむ。そんだけの実績があるんなら、なんでブラジル戦にコイツ出さなかったんですかねえ…?
後出し選手とはいえ、シュナイダーパパンの采配にはおおいに疑問が残っちまいますなあ。





(20181203) 彼岸島 48日後… 第184話「みかん」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!


姑獲鳥(うぶめ)に囚われた勝っちゃんが上野で壮絶な生活を送っているなか、そんな勝っちゃんを救い出すため、筏で上野へ向かう明さん一行。
途中で立ち寄った邪鬼「クソ喰い爺」に勝っちゃんらしきヤツが捕まっているっぽいので、明さんは、最低最悪に下品な相手に戦いを挑む…!



一度はクソ喰い爺に敗北し、無理矢理全裸にされて、無理矢理ゲロを食わされ脱糞するなど、敗北感を味わった明さん。しかし偶然刺さっていた木片の端っこを利用して、ゲシゲシ足元の空間を削り、ついに脱出に成功!この木片超助かる!!



クソ喰い爺のうんこ入れポケットから顔を出した明さんが目撃したのは…今まさにクソ喰い爺の手に捕まり、服を剥がされそうになっている…ゆかぽんの姿が!!
やべェ!このままでは、アイドルが全裸にひん剥かれて、無理矢理ゲロを食わされて…脱糞させられちゃう!そんな一部のマニアック層が喜んじゃう展開にしちゃならねェ!!
明さんは足の指に挟んでいた木片を手で握ると、そのままジャンプ!










うーむ。このシーン、明さんがゆかぽんを救出した時のポーズって…どう見てもアレだよなぁ?
そう思い、元ネタと並べてみたら…。







やっぱり昇竜拳じゃねェか!


今にも誌面から「しょーりゅーけん!」って叫び声が聞こえてくるかのようだぜ…。
先生ェ、最近格闘ゲームでもやりこんでるんですかねえ…?



なにはともあれ、ゆかぽんを救出し、そのまま筏に飛び乗った明さん。鮫島様が生還を喜んでますが、それはともかく、反撃を試みたいところです。

(1) 反撃してェけどバットだけじゃ心許ねェから武器が欲しい

(2) 明さんの義手が寺のどこかにあるから、よし俺(クソハゲ)が探してくるぜ

(3) そのためには追っかけてくるクソ食い爺から隙を作りてェ

(4) ゆかぽん「あったよ!みかんが!!」

(5) みかんに木の破片をくっつけて、クソ喰い爺の目玉にぶち当てよう

(6) どうやって→ 明さん「どうもこうも、バットは本来打つものだろ」


あきらかに(4)からの流れが不自然過ぎるんですが…まあこんな無茶苦茶なシナリオが許されるのは、きっとこの漫画ぐれェだろうなあ…。


というわけで、唐突に「宮本明さんのホームランダービーが開幕しちまった!
足場は揺れ動く筏の上。しかも明さんは隻腕だから片手スイングしかできねェ。おまけにチャンスは1度きり。
ここまで不利な条件が重なる中、明さんはクソ喰い爺の目玉に、みかんボールを命中させる事ができるのか…?






ええ…(困惑)。


さらに自らハードルを上げてしまうのか…!
しかしそれでも、明さんなら、明さんなら…!!







凄ェ!!なんたるバッティング!!


明さんは、マサの野郎をぶっ殺したら、そのまま海を渡って、メジャーリーガーを目指してほしいぐらいだェ!



それにしても先週といい今週といい、木の破片が八面六臂の大活躍ですね…。
その辺の木の破片が、主人公の窮地を何度も救う漫画なんて、絶対もう2度と出てこねェぜ!!




(20181126) 彼岸島 48日後… 第183話「木片」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!


姑獲鳥(うぶめ)に囚われた勝っちゃんが上野で壮絶な生活を送っているなか、そんな勝っちゃんを救い出すため、筏で上野へ向かう明さん一行。
途中で立ち寄った邪鬼「クソ喰い爺」に勝っちゃんらしきヤツが捕まっているっぽいので、明さんは、最低最悪に下品な相手に戦いを挑む…!



前回、クソ喰い爺に敗北し、無理矢理全裸にされて、無理矢理ゲロを食わされ、必死に便意をガマンしながら、脱出方法はないか探る明さん。
今週はついに我慢しきれずに…脱糞!!ちくしょう、何たる敗北感…!!


そういえば最近のヤンマガでは、サタノファニの小夜子と、彼岸島の明さんが、奇しくも便意に耐えているという似たような展開になるという、「ウンコ我慢チキンレースが繰り広げていたわけですが、ついに今週、両者ダブルKOという形で決着!


もっとも、数話の間、散々我慢した小夜子と違い、明さんの方は特に我慢する様子もなく、普通にブリブリしてましたが。



しかしウンコを漏らしても、転んでもただでは起きないのが明さん。
さっきから漏らしたウンコが下に流れて行ってるが、この下はどうなっているんだ…?→ひょっとしたら抜け道があるかもしれねェ!何たるポジティブシンキング!


というわけで、身体をひねって下に降りようとするものの、穴が狭すぎて一ミリも動けねェ…と思いきや、偶然にも数週前、明さんがクソ喰い爺にブン投げてた、木の破片の先端が、明さんの穴まで突き刺さっていることに気が付くのでした。
この木の破片、超助かる!!


明さんは木の破片の先端を、器用に左足の指を使ってちぎると、この破片を利用して、ザシュザシュ!と肉片に突き刺し、少しずつ穴を広げていき、徐々に下へと降りていくことに成功します。






明さんの足の指、器用すぎィ!!


もっとも突き刺した肉片からは、当然のように、吸血鬼ウイルス満載の血が噴き出しているわけでして、そこを全裸で降りていくわけですから、こりゃ明さん絶対感染してるだろ!


もちろん、今更こんな突っ込みをするのは野暮だってことはわかっている…。わかっているんですが…それでも突っ込まずにはいられないんじゃ!!



さて、明さんが懸命に脱出劇を試みている最中、地上ではモブ人間の山下とネズミの野郎がクソ喰い爺に捕まり、器用に服を脱がされ、全裸でウンコ生産ゾーンに監禁されちまうのですが、
服を脱がせていくシーンが本当に器用すぎてついつい笑っちまいます。なんなんだこのマジックハンドは!


ネズミの野郎だけ、なぜか逆さま(頭を突っ込んだ状態)で監禁されちまうところは、先生ェ絶対わざとやってるな、コレ。こいつはギャグキャラだって。



そしてとうとう明さんは狭い穴を抜け出し、人間たちのウンコを貯蔵してるポケットの中に到着。そこから這い上がり、ついに脱出に成功しましたよ!ウンコまみれだけどな!



明さんは「おかげで助かったぜ、自由になれた。あとはクソ爺、お前を倒すだけだ」とメラメラ闘志をみなぎらせていますが、義手ははぎ取られちゃってるし、ウンコくせェし、全裸だし、ウンコくせェし、そもそも武器なんて持ってない丸腰だし、ウンコくせェし…一体どうやって逆転をするのやら…?いやあ本当に先が読めねェなあ…。


下品な戦いになるって事だけは、確実に断言できるけどな!!





(20181122)キャプテン翼 ライジングサン 第82話 絶好のチャンス

【今週の要約】


マドリッドオリンピック・サッカー男子はいよいよ決勝トーナメントに突入。日本の準々決勝の相手は、Jrユース決勝の相手だったドイツ。
日本に先制点を奪われたドイツの猛攻をことごとく若林が防ぎまくると、逆に日向と若島津がカウンター攻撃がさく裂。そして若島津が決定的なシュートチャンスを迎えるも、執念の戻りを見せたタイガーボランが背後からタックルを仕掛け、PKの判定。
負傷した若島津の替わりに、PKを蹴ることになった日向は、ミューラーからゴールを奪えるのか…?

今週最大の見どころは、若島津の決定的得点チャンスを、タイガーボランが後ろからタックルして防ぐシーンでしょうかね。
前回、タイガーボランが2ページぐらい使って過去回想シーンでフラグめいたものを立てていましたが…ここで回収しちゃうのかあ。
まあ個人的には、タックルで脚を削られ負傷した若島津より、日向の強引なドリブルで吹っ飛ばされ、グルグル回転してるマガトゥーくんのほうがヤバそうに見えてしまいます。







もっとも、13ページ後にはしれっとモブとして背景に紛れ込んでいましたので、マガトゥーくんは特に負傷はしてなかった模様。
あんだけド派手に回転して、無傷ってのもある意味凄えなあ…。



そしてPKのチャンスを得た日本は、日向がキッカーを務めることに。
ドイツにとってみれば、思えばブラジル戦も最後の最後にPKを迎えてましたっけ。
あの時はミューラーが「ヤツは必ずおれの負傷した左手を狙ってくる」とヤマを張ったら、空気を読まないリバウールさんが逆方向に蹴ってあっさり失点…ってなりましたけど、さあ今回はどうなるのか。
まあ、新田が活躍フラグをビンビン立ててますし、シュナイダーはシュナイダーで(はわわ、PK決まったら2点差になっちゃう!今日の若林から3点取るのつらいっしゅ)などと、なんか弱気なので…なんだかんだあってノーゴールになりそうな気がします。


とはいえ、外したら外したで日向の株が下がっちゃうので、これはこれで難しいところ。YOO1先生がどう帳尻を合わせてくるのかが見ものですね。




(20181112) 彼岸島 48日後… 第182話「飼育」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!


姑獲鳥(うぶめ)に囚われた勝っちゃんが上野で壮絶な生活を送っているなか、そんな勝っちゃんを救い出すため、筏で上野へ向かう明さん一行。
途中で立ち寄った邪鬼「クソ喰い爺」に勝っちゃんらしきヤツが捕まっているっぽいので、明さんは、最低最悪に下品な相手に戦いを挑む…!


なんてこった…!明さんが…!人類の希望が…!よりにもよって、チンコみたいな形をした、下品な邪鬼ごときに敗北しちまった…!








まただよ。


まーた「お食事中の方は読むのをお控えください。」の注意書き!これで通算3回目
ウンコストーリー先生ェは何度編集部に尻拭いさせれば気がすむのか。だんだん編集部もかわいそうに思えてきたェ…。



肝心のお下品なシーンにつきましては、予想以上に下品すぎて説明する気が失せたから、詳しくは割愛しますけど、戦闘中にうんこをぶっかけられ、敗北を喫し、全裸に剥かれて身体を拘束され、得体のしれないゲロを無理やり食わされた挙句、必死に排便を我慢しているとか…どんだけ惨めな思いをすればいいんだこの主人公は。
まるで「くっ、殺せ!」と発する、オークに捕まった気高い女騎士みたいで、つれェなあ…。




一方、明さんの帰りを待つ鮫島様たち。ここでクソ喰い爺はかつては子供にお菓子をくれる優しいおじいちゃんだったとか、邪鬼になって性格がゆがんで、若さの象徴であるチンコの形の邪鬼になっちゃったんだろうなあとか、色々くっちゃべっているのですが、

「ちくしょう一体何なんだ、あのチンコ野郎
「しかし巨大なチンコになったところを見ると、アイツにとっての若さは、そそり立つチンコそのものなんだろうな」
「まさに…巨大なチンコ


女の子(しかもアイドル)のゆかぽんのいる前で、お前らチンコって連呼しすぎぃ!!

まったくこいつら、そろいもそろって、知能レベルが小学生のガキんちょ並みなんじゃないですかねえ…?
こいつらにコロコロコミック与えたら、大はしゃぎしそう。



そうこうしていたら、明さんと戦っていたはずのクソ喰い爺が、屋根を突き破ってこっちに向かってきやがった!鮫島様たちは必死にいかだを漕いで全力で逃げようとしますが…ひいいいい!チンコが追っかけてきやがる!!
…って、文章で書くと、ものすごく酷い光景だなあ。メガテンのマーラ様みたいじゃないか。


必死に明さんに救いを求めるも、その声は届かねェ…。
届いたとしても、便意に耐えるので精いっぱいな今の明さんじゃ、どうにもできねェ…。
とはいえ、鮫島様が何かに気付いた描写がありましたので、何か救いはありそうではありますが…。



ちなみに来週は休載。ということは、明さんは2週間もうんこを我慢し続ける羽目になっちまうのか…。


そういえば最近の「サタノファニ」でも、敵に捕まった小夜子が、ケツにグリセリンを大量に注入されて、必死に排便を我慢してるんですが、なんで変なところで、よその漫画と張り合ってるんだよ、ちくしょう!