(20181017)キャプテン翼 ライジングサン 第80話 若林の矜持

【今週の要約】


マドリッドオリンピック・サッカー男子はいよいよ決勝トーナメントに突入。日本の準々決勝の相手は、Jrユース決勝の相手だったドイツ。
後半10分、特訓の末に編み出した翼と岬の新必殺技“ハイスピードトルネードスカイアルファ”が炸裂し、日本が待望の先制点。対するドイツは爪楊枝をはき捨てた本気モードのカルツがトップ下で躍動。今週も翼と岬のディフェンスをハリネズミドリブルでかいくぐりシュナイダーにスルーパスを送るも、若林に防がれ得点ならず。
後半20分が経過しドイツの猛攻が続く中、前線の日向と若島津が追加点のチャンスをうかがっていた…。


いやあ今回はYOO1先生、とんでもない燃料を投下してきましたねえ…。
"キャプテン翼が大好きな女性ファン"(特に若林ファン)の方には、今週のmkmと若林の回想シーン(小学校卒業後西ドイツに渡った若林とmkmの回想シーン)は、たまらないものがあるのではないでしょうか。

そうでなくても、今放送してるアニメも小学生編終了直後で、この2人が西ドイツに旅立ったばかりだから、今週の回想シーンで、ドイツに渡った2人の様子を描いた回想シーンが入るのは、まさに絶妙なタイミングですね。これは大きい。


mkmと若林が通訳の先生を交えて、一緒にドイツ語を勉強してるシーン。
2人で買い物をしてて親子に間違えられるシーン。
そして、親子に間違えられながらも(子供のいない自分にとっては、源三は私の大事な息子そのものだ)と想うシーンは、グッと来るモノがあります。



極めつけは、一旦西ドイツを離れたmkmが、2年後に再びドイツに渡り、若林と再会したシーン。
ここでの、若林のmkmに対するリアクションが実に子供っぽいのです!
「なに見上さん泣いてるの?」とか「え~~~っ、でもなんか光るものが…」とか言っちゃってるんですよ!
ああ、これはヤバいっすね。女性ファンじゃなくっても、このシーンはヤバいってわかります。


そもそも、若林源三というキャラは、小学生の頃から(初登場時から)言動が大人っぽい所がある上に、ジュニアユース編では憎まれ役を演じるため、そりゃもう皆をボロクソに罵倒しちゃう訳ですよ。
そんな男が、mkmの前で子供っぽい所を見せる…。


こりゃ、典型的なギャップ萌えってやつですね!


今週の回想シーンの若林は、女性キャラで例えるなら
「普段は偉そうな事言ってツンツンしてるけど、大好きなパパの前だけではデレて、無邪気に甘えてくるお嬢様」
ってところでしょうか。


そりゃ、キュンキュンするに決まってるんだよなぁ…。
YOO1先生、なかなかとんでもない要素をぶち込んできやがるぜ…。
これが無印時代のキャプ翼にぶっこんで来てたら、その号のジャンプは、さぞかしお祭り騒ぎになっていた事は、容易に想像できてしまいますね。



…さて、回想シーン以外、試合のほうに目を移すと、今週はカルツがやたら頑張ってますねえ。
翼と岬相手にドリブル突破してスルーパス。しかもアバラにヒビが入ってる状態でこれだから恐れ入る。
ぶっちゃけ、万全のシェスターより、アバラにヒビ入ってるカルツの方が司令塔としてよっぽど仕事してるんじゃねえっすかね…。


まあ、せっかくのチャンスも。例によってシュナイダーにボールが渡る前に若林が防いじゃうんですが
この試合、ドイツの攻撃はほとんど最後はシュナイダーに集めているんだから、DF陣はお前らちゃんとパスカットしろよなーとは思いますが(汗)






(20181015) 彼岸島 48日後… 第178話「野球帽」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!


姑獲鳥(うぶめ)に囚われた勝っちゃんが上野で壮絶な生活を送っているなか、そんな勝っちゃんを救い出すため、筏で上野へ向かう明さん一行。
途中で筏を修理しようかと巣鴨へ立ち寄ると、そこで出会った人間から、工具を貸すかわりに邪鬼を倒すのに協力してくれと言われ…?


どうやらその邪鬼は、人間を喰うのではなく、人間を捕まえて、その人間の出す汚物を食う…とのこと。


ガタガタ言ってねーで、ウンコ食えばいいんだよぉ!!


ひいいい、わけがわからねェ!!人間のウンコを食うとか、とんだスカトロマニアのド変態じゃねェか!
全く、クッパピーチ先生ェの歪んだ性癖は、ついに邪鬼にまで影響を及ぼしてしまったのか…。







違ェよ!絶対違ェよ!!


というか、アンチエイジン“ン”グって、1文字余計に多いじゃねェか、ちくしょう!!
それにしても忍者らホイ!先生ェは、アンチエイジングって単語好きだなあ(′・ω・`)



しかし明さんは子の申し出をきっぱりと拒否。
そりゃそうだよなぁ、こんなウンコくせェ邪鬼なんて関わりたくねェよなぁ…と思ってたら、捕まった人間の中に、野球帽をかぶった少年が居たという話が!

野球帽をかぶった少年…まさか勝っちゃんか!?
もっとも、我々読者は2週ぐらい前に、上野のどっかの牢獄で、汚物まみれの残飯を全裸で食ってる勝っちゃんを見ていますので、この目撃情報がブラフだという事はすぐわかるんですが…明さんたちはそんなこと知る由もないわけで。



…というわけで、明さんたちは、そのウンコを食う邪鬼のいるとげぬき地蔵のところまで潜入。邪鬼と対面!したところで続きますが…。
来週以降うんこまみれの戦いになりそうで早くも嫌な予感しかしません。
少なくとも、絶対食事中に読んじゃならねえ!ってことだけはわかりますね!



そして今週は、ウンコを食う邪鬼という衝撃展開に目を奪われがちで、つい見逃しちゃいますが
吸血鬼の死体を黙々と片付けるゆかぽん(アイドル)にも、狂気じみたものを感じたェ…。



<


今週のキン肉マンで、オメガの雑魚超人相手に、アロガントスパークを容赦なくかけまくる、シルバーマンの残虐性に通じる狂気だあ…。




(20181008)ダンゲロス1969 第八話 鈴木奪還作戦

今回は革マジのメンバーが、よせばいいのにロリコンアトランティス鈴木を奪還しようとして、公安の刑事達とバトルをするお話。


とりあえず、あんかけが無駄にイケメン過ぎて、いちいち出てくるたび笑っちまうんですがそれは。






これは確実に主人公ですわ(;´Д`)
少なくとも、ミリしらやらせたら、アイツが主人公だと勘違いする人がいっぱい出そうだ…。オナホ使いなのに!



他にはゴリさんや、(すぐやられちゃったけど)真野にもちょこっと見せ場がありましたね。
とはいえ、このバトルはコレからが本番なところがあるので、果たして横田先生がどう料理するのやら…。



そういえば本物の主人公も最後の最後に活躍してますね(′・ω・`)
横田先生の漫画版ユキミは、強キャラ間ある外見なだけに、動くだけでカッコいいっすなあ…。




なお、今回も、ようじょがおしっこをしているシーンがしれっと描かれているんですが…。






うん。問題ないんじゃしょうがないな!





(20181006) 彼岸島 48日後… 第177話「巣鴨」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!


姑獲鳥(うぶめ)に囚われた勝っちゃんが上野で壮絶な生活を送っているなか、そんな勝っちゃんを救い出すため、筏で上野へ向かう明さん一行。
途中で缶詰でランチタイムをとったりしてるんですが、明さん・鮫島様・ゆかぽんはともかく、ネズミの野郎が「生き返りゅう、はりゃへったんだよ」とか言いながら缶詰食ってるコマが、なんか妙に腹立つから、ちくしょう!
先週、勝っちゃんが汚物まみれのクソみてェなスープを手づかみで食ってるシーンを見てるだけに、余計そう感じますねえ…。
まあ、ネズミ本人に非はないですが、お前もうちょっと申し訳無さそうに食えよ!とか言い出したくなっちまいます(′・ω・`)



でもって一行は、痛んできた筏を修理するための、工具をゲットすべく巣鴨へ寄り道。そこで吸血鬼に捕まってた人間を助けたら「邪鬼倒すの手伝ったら工具でも何でもやる」とか言われ…って、まーた邪鬼イベントか(′・ω・`)
とっとと勝っちゃん助けに行きてえってのに、面倒な事に巻き込まれそうだなあ。勝つちゃんの精神が心配だ。


あと、最近は邪鬼のリサイクル展開が多いから、池袋に居た眠り女が巣鴨に追っかけてきて、巣鴨の邪鬼に瞬殺されて「俺達をあれだけ苦しめた眠り女がこうも一方的に…」みたいにならないか、心配だェ…。






(20181003)キャプテン翼 ライジングサン 第79話 本気のドイツ

【今週の要約】


マドリッドオリンピック・サッカー男子はいよいよ決勝トーナメントに突入。日本の準々決勝の相手は、Jrユース決勝の相手だったドイツ。
後半10分、特訓の末に編み出した翼と岬の新必殺技“ハイスピードトルネードスカイアルファ”が炸裂し、日本が待望の先制点。対するドイツは爪楊枝をはき捨てた本気モードのカルツがトップ下に入り、猛攻を仕掛ける。
カルツのロングフィードをマーガスがはたいて、シュナイダーがオーバーヘッドファイヤーショットを狙うも、ここはセンターバックに入った三杉が同じようにオーバーヘッドでブロック。得点を許さない。

さあ今回から連載再開ですよ。
とりあえず…ダイジェスト扱いじゃなくてよかった(′・ω・`)

そうっすよね。ここでダイジェスト扱いされて、ドイツ敗北!なんて始まり方しちゃったら、ドイツの立場完全になくなりますもんね。読者とかマジで発狂しかねませんものね。そうならなくて本当によかった。



とはいえ、これだけ反撃のお膳立てが整い、カルツが爪楊枝吐き出して本気モードに入り、いきなりシュナイダーがファイヤーオーバーヘッドとか、大技を繰り出してきたのに、そこに立ちはだかるのは三杉!という。
なんかこの大会、三杉がチョコチョコ見せ場作ってますね。オランダ戦じゃ得点も決めてますし。
でも、こんだけキレッキレに活躍しちゃうと、なんか離脱しそうで後が怖いんですが。きっと気のせいだよなぁ…と思いたいところ。



次回は若林がキレッキレな理由が明かされるみたいですが…まあ流石に同点ぐらいはあります…よね?




(20181001) 彼岸島 48日後… 第176話「一時保存」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!


ついに東京の池袋に到着。しかし地上に出ると一面が水浸し!そこで出会ったアイドルの由香(ゆかぽん)から、池袋は国連軍から空爆を受けたこと、そして先へ進むためのがあるよと言われ、荒廃したサンジョインビルで、ゆかぽんファン達が持っていた筏をゲット。明さんたちはコイツで雅の野郎が待つ上野へと向か…おうとしたら、邪鬼・眠り女が目を覚ます…!明さん達は知恵を絞って眠り女のテリトリーからこっそりと脱出することに成功。勝っちゃんが囚われている上野へ向かう…!



今週からは新展開。明さん達が池袋ですったもんだしてる頃、姑獲鳥(うぶめ)によって上野で囚われの身となった勝っちゃん(小4のショタ)がどうしているのかが描かれています。
まあ人質とはいえ、明さんの身代わりとして連れて行かれたんだし、それなりに丁重な扱いを受けてるんじゃね…などといった事は全然なく、捕まった多くの人間達と一緒に、全裸で牢屋に入れられ、吸血鬼どもから酷ェ扱いを受けてやがる!


勝っちゃん自身は、姑獲鳥(うぶめ)からなんか言われてるのか、ただ監禁してるだけみてェですが、他の奴らは時期が来たら牢屋からどっかに連れ出され(多分吸血椅子か吸血樽にでも入れられてるのでしょう)、いつ次は自分の番が来るのかと、戦々恐々とするばかり。


食事は3日に一度しか与えられてねえらしく、しかも…。






豚汁なんて上等なものを食わせてくれるわけもなく、この料理なんか臭ェし、おまけに、このコマには描かれてねェけど、ネズミの頭やらゴキブリやらムカデやら、やべェ物ばかり入ってやがる!
ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの失敗した料理の方が、まだマシに思えるぐらいのゲテモノじゃねェか、ちくしょう!


でもこんなモノですら、この囚われた人間にとっては3日に1度与えられる貴重な栄養源。みんな我先へとケモノの様にゲテモノ料理にむらがり、手づかみでむしゃむしゃ。
勝っちゃんも何のためらいもなくゲテモノ料理を口にして「大丈夫だよ、初めは強烈な下痢になるけど、すぐに慣れるよ」などとケロッとした表情で言い出す始末。
ちくしょう、育ち盛りの小4に、なんてモノ食わせやがるんだ…!即落ち2コマで野菜食ってた頃が懐かしいェ…!



全く先の見えない未来で、人間達は、ただ死を待つだけの日々。
恐怖のあまりウンコを食いだすヤツが出てきたり、捕まって来たカップルの女をみんなでチ●ポパーティーしだしたりと、もう阿鼻叫喚の地獄絵図みたいなことに。
それにしてもダニエル・ガルシア先生ェはこう言うレイプ描写がムダに上手ェのが、何か腹立つぜ…。
しかも最近は、新展開を迎えるたびに、しょっぱなから胸糞悪いエロ展開に持ち込むことが多いから、ほんとたちが悪いェ…。







おいおい、勝っちゃんがちょっと悪落ちしかかってるじゃねェか!
いくら命の保障はされているとはいえ、こんな劣悪な環境にいつまでもいたのでは、このままじゃ勝っちゃんの精神が持たねェ!
明さん、早く来てくれー!!


まあ、逆にここまで平静を保てている時点でも、十分強メンタルの持ち主では有るんだよなあ。勝っちゃんは。
どう考えてもメンタルだけなら、明さんより凄ェんじゃねェかなあ(′・ω・`)





(20180915) 彼岸島 48日後… 第175話「ブルーシート」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!


ついに東京の池袋に到着。しかし地上に出ると一面が水浸し!そこで出会ったアイドルの由香(ゆかぽん)から、池袋は国連軍から空爆を受けたこと、そして先へ進むためのがあるよと言われ、荒廃したサンジョインビルで、ゆかぽんファン達が持っていた筏をゲット。明さんたちはコイツで雅の野郎が待つ上野へと向か…おうとしたら、吸血鬼どもが筏で追っかけてきて、しかも大量の量産型邪鬼が、クロールですげェ速度でこっちに向かってきやがる!
明さん達や吸血鬼たちの攻防が続く中…崩れたサンジョインビルの破片が当たり、ついに水中で眠っていた邪鬼・眠り女が目を覚ます…!



ついに目を覚ました眠り女。その巨体をもって、量産型邪鬼や筏に乗った吸血鬼どもをボリボリ喰いだします。
でも俺達は先に進まなきゃいけねェ…。意を決した明さんたちは、眠り女の目をかいくぐり、池袋を脱出する事にします。
まずはバラバラになった帆とオールをかき集めて…とここでゆかぽんがある物を見つけてきやがった!


「あったよ!ブルーシートが!!」「でかした!」


というわけで、筏にブルーシートをかぶせつつ、オールで筏をゆっくり漕ぎつつ、眠り女の支援をかいくぐることに。
まるでダンボールをかぶって敵の目をかいくぐろうとする、ソリッド・スネークさんみたいな気分だェ…。



そして…無事に眠り女ゾーンから脱出することに成功!!やったぜ。
結局眠り女と直接闘う展開はありませんでしたが、まああそこまでバカでかい相手だと、いくら超人的な身体能力を持つ明さんでも、流石に無理だろうという判断なのか。



するとここでゆかぽんが、自分の為に囮となって散っていった4人のゆかぽんファンのキモオタに涙します。





いくらなんでも“あごあご”はひど過ぎませんかねえ…。



とはいえ、この4人のキモオタの活躍があったからこそ、ゆかぽんが、そして明さん達が生き延びる事が出来たのも事実。
彼らに謝ろうとするゆかぽんを一括した鮫島様が言っていたように、彼らの死を無駄にしないためにも、生き残らなきゃならねェ…。



こうして、激闘の【池袋編】完結!
次回からはいよいよ新展開に突入するようですよ。


まあ、激闘というほどイベントあったっけ?という印象しかないんですけどねえ。
正直池袋編は、ゆかぽんや眠り女より、最初に出て来たゆかぽんファンのキモオタ吸血鬼のインパクトが絶大すぎるんだよなぁ…。





なんでコイツを1週で使い捨てたのかなあ。こけこっこー共和国先生ェ…。