(20200920) 彼岸島 48日後… 第257話「寄生羽虫」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



雅の息子の1人「蟲の王」がいるという国会議事堂へ向かう明さん一行。そこで遭遇した自衛隊と共闘し、国会議事堂地下につながる大穴へ潜入し、ついにボスである“蟲の王”の元へとたどり着く…!
明さんとともに蟲の王の体内へ侵入した勝っちゃんは、とうとう蟲の王の心臓部に到達し、サブマシンガンで心臓を破壊しようとしますが、あとちょっとのところでとんだ邪魔が…!!



ひいいいっ!突然壁から、キモい羽虫どもが湧いて出てきやがった!しかも大量に!!
(個人的にはこういうシチュ、超苦手だぁ…。)
あんなもんの侵入を体内に許したら醜悪な化け物になっちまうし、たとえすぐ引き抜けたとしても、連隊長みたいに一部が変異しちまう!
いたいけなショタを醜悪なバケモノに替えちまうなんて、そんなことが許されてたまるか…!



というわけで、サブマシンガンを乱射し、キモ羽虫どもに応戦する勝っちゃん。
勝っちゃんの射撃テクが良かったのか、あれだけいっぱいいたキモ羽虫たちも、何とかあと5匹まで減らせました。…って、何気にすげェ事してるぞこのクソガキ。
のび太もびっくりの射撃テクじゃねェか。もう今からでも自衛隊で活躍できそうだェ(′・ω・`)


ところが…。







なんてこった!!こんなところで弾切れ…!?


なんだよこのクソ銃!漫画の世界なんだから無限弾丸にしとけよ、ちくしょう!!(ゲーム脳


なんてこった。サブマシンガンの弾が切れちまったら、もう勝っちゃんには武器がねェ…!ただの丸腰の小4のクソガキにすぎねェ。
せめてあの時、蟲の王の鼻水でライフルが流されていなければ…!あるいは最初っから心臓の管だけを狙って弾丸を節約できていれば…!


もうこの危機を救えるのは明さんしかいねェ!!
お願いだよ明さん!!今すぐ勝っちゃんのところに駆け付けて、義手ソードでキモ羽虫どもを斬り刻んでおくれよう…!!



明さん「まだまだ出てきやがる ったくラチがあかねェよ
頼むぞ勝次!!さっさと虫の王の心臓を破壊してくれ!!
この戦いに決着(ケリ)をつけるんだ!!」


駄目だあーっ!明さんは目の前の人喰いバッタどもを片付けるので精いっぱいだあ…!まさかその勝っちゃんが大ピンチになってるなんて心配する余裕もねェ!!これじゃ助けなんて期待できねェ…!


しかしそんなことを言ってももう後の祭り、容赦無くクソ羽虫が勝っちゃんに襲い掛かる…!!
ああっ!勝っちゃんの左腕にちょっと虫が入ってきちまった!
すぐに引き抜いて踏みつぶしたけど、左腕がどんどん膨れ上がって…!!


どうでもいいですが、勝っちゃんがキモ羽虫を踏み潰す時のリアクションが「ふざけんなっ!!この野郎クソ虫め!!」と、連隊長の時と全く一緒なのはちょっと草生えた。


勝次「クソッ 嫌だよ!!変異するなんて嫌だよ!!
ちくしょうあと少しなのに (蟲の王の心臓の)管を二本切れば終わりなのに!!
ああああ痛い!!腕の骨が割れるよう…!!」



ああああああああああああああああああああああああああああ














ちくしょうなんでだよ松本の野郎…!勝っちゃんになんて事しやがるんだ…!
メインヒロイン(ユキ)が吸血鬼化して、その辺のモブにレイプされた後化け物になって、結局主人公(明さん)に介錯させた前例があるとはいえ、いくら先生ェでも、小4のショタを殺したり凄惨な目に遭わせたりはしねェだろうと思っていましたが…やりやがった!!マジかよあの野郎ッ やりやがったッ!!



もしかしたら、実は勝っちゃんの変異した左腕が、とんでもない攻撃力を持った兵器になっていて、このまま心臓とキモ羽虫をやっつける展開になっちゃうかもしれませんが、どっちにしろ問題はその後だよなぁ…。
ボスを倒したら、それまでやられた死人が生き返り、ケガも元通りに戻るなんて、そんなファンタジー漫画みてェな展開を先生ェがやるとは思えねぇし…。最悪勝っちゃん退場、良くても隻腕化は免れねェのか…?



まったく、せっかくの大型連休だってのに、こんな鬱展開にさせやがって…。つれェなあ…。




(20200914) 彼岸島 48日後… 第256話「心臓」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



雅の息子の1人「蟲の王」がいるという国会議事堂へ向かう明さん一行。そこで遭遇した自衛隊と共闘し、国会議事堂地下につながる大穴へ潜入し、ついにボスである“蟲の王”の元へとたどり着く…!巨大な蟲の王相手を倒すため、明さんと勝っちゃんは蟲の王の体内へ侵入する…!



さあ、ついに蟲の王の心臓部に到達した勝っちゃん。巨大な心臓を目の当たりして思わず…。

勝次「これが…奴の心臓…すげェバカでけェし…心音がすげェ…」


この語弊力の無さ、流石小4だェ(′・ω・`)
もっともこの漫画、大人キャラもこの程度のボキャブラリィしか持ち合わせていない気もしますが、やめんかそれには訳があるんじゃ!


まあ何はともあれ心臓はもう目の前にあるんですから、あとは心臓めがけて、サブマシンガンを撃つべし!撃つべし!!


蟲の王くんは心臓を傷つけられて暴れだし、尻尾を勢いよく叩きつけたりしてますが、それでも勝っちゃんの銃撃は収まらない!!

なお、外にいるネズミたちが「がんばれ勝次!!」などと、まるで外から勝っちゃんが見えてるかのようなリアクションを取ってるのはご愛敬(′・ω・`)



そしてラストですが…これ、勝っちゃん死んだか!?死と引き換えに心臓完全破壊というオチ…!?
どう考えても明さんが間に合うようなタイミングじゃないし、かといって勝っちゃんに全ての虫を撃ち落とすテクニックがあるとも思えねェし…。
まったく、いたいけなショタになんて過酷な運命を背負わせちまったんだ、エペいそヂョンドッジボール先生ェ…。



あとあのサブマシンガン、どんだけ弾丸入ってるんだよ、ちくしょう!!




(20200831) 彼岸島 48日後… 第255話「肛門」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



雅の息子の1人「蟲の王」がいるという国会議事堂へ向かう明さん一行。そこで遭遇した自衛隊と共闘し、国会議事堂地下につながる大穴へ潜入し、ついにボスである“蟲の王”の元へとたどり着く…!巨大な蟲の王相手を倒すため、明さんと勝っちゃんは蟲の王の体内へ侵入する…!



世界の運命は、小4のクソガキに託された━━━!!


明さんが人喰いバッタを足止めしてる間に、サブマシンガンを託された勝っちゃんは、蟲の王の心臓目指して突き進む…。
奥へ進むごとにどんどん幅が狭くなっていき…着いた先は行き止まりかと思いきや…。目の前には弁みたいなものが。


しかしこの形状、なーんかアレを連想しちゃうんですよえ…。






やっぱり肛門じゃねェか!!


とはいえ身体の位置的にここに肛門があるのも不自然な気がするので、実際は肛門じゃなくて心臓の弁とかだと思うんですが…どうしても、ねえ。
勝っちゃん自身も「コイツの肛門に入るみてェで気持ち悪りィな、なんか臭ェし」って言ってるから、よけいそう思えちまうぜ…。


まったく、小4にアナル拡張プレイさせるとか、ド変態過ぎにも程があるだろ、先生ェ…。



その後、狭い狭い弁の中をかいくぐり、一度はあきらめそうになりながらも、必死で先に進んでいくと…。






あったよ!心臓が!!


なんか、グラディウスの最終面の脳味噌みたいな感じがするのはきっと気のせいですよね…。
さあ果たして、勝っちゃんはこのまますんなり心臓を破壊できるのか。なんか邪魔が入るのか。破壊できたとしても無事に脱出できるのか…?
来週は休載らしいので、その間に先生ェもいろいろ考えてそう(´・ω・`)





(20200824) 彼岸島 48日後… 第254話「裏切り野郎」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



雅の息子の1人「蟲の王」がいるという国会議事堂へ向かう明さん一行。そこで遭遇した自衛隊と共闘し、国会議事堂地下につながる大穴へ潜入し、ついにボスである“蟲の王”の元へとたどり着く…!巨大な蟲の王相手を倒すため、明さんと勝っちゃんは蟲の王の体内へ侵入する…!




むしのおうの、きょうれつなしっぽこうげき!!


ネズミはかろうじて動けるようですが、クソハゲとユカポンはピクリとも動かねェ…!
ちくしょう、よりにもよって一番役に立たないヤツが残っちまった。まさかこのクソネズミ、ふたりを置いてトンズラとかしねェよな…?


あっ!ネズミの野郎が一人でその場を離れて走り出しやがった!遠くから見ていた自衛隊モブも「あの野郎裏切りやがったか!」とぷんすこしていると…。






あ…あのクソネズミが、他人をかばって、自らを犠牲にして戦っている…だと…?
100%ユカポンのため(であろう)というやや不純な理由とはいえ、初期ネズミからは想像もつかない勇敢っぷり。
愛する女のためには、男はこうまでも変われるのか…。


もっとも、その愛する女は、キモオタ吸血鬼にアナル開発されちまってるんだけどな!ガハハハハ!



一方の明さんと勝っちゃん。いったんは人喰いバッタの大群から逃れられたかに見えたものの、気が付いたらまたバッタに追いつかれちまってる!
え?ここは俺が時間を稼ぐから、ここから先はお前が心臓をぶっ壊せ、ですって?
どうやら明さんは日本の命運を、小4のガキんちょに託すつもりのようです。でも勝っちゃんのライフルは、さっき蟲の王の鼻水に流されちまったし…。









あったよ!サブマシンガンが!!


noシャブnoライフ先生ェ明さんが十条二尉からサブマシンガンもらってた事をちゃんと覚えていたのか…。絶対忘れてると思ってたのに(′・ω・`)
しかし、あれだけ激しい動きをしてたのに、ちゃんと使えるんですかね、このマシンガンは…。



まあそれ以前に、小4のガキんちょに銃を託してる時点でちょっとアレですけど(′・ω・`)

個人的には、明さんが義手ソードとサブマシンガンの二刀流で吸血鬼を無双しまくるシーンとか、見たかったんですけどねえ…。
結局明さん、一回もサブマシンガン使わなかったなあ…。





(20200820)キャプテン翼 メモリーズ3 大空家の引っ越し 第1話

キャプテン翼マガジン」に本編と一緒に掲載されているスピンオフ読み切り。今回は翼が南葛市に引っ越す前のお話が描かれる!とのこと。


なのですが、今回実際大半描かれているのは「翼の父親と母親の若いころのラブコメ話」です。


翼が南葛市に引っ越す前の話→わかる
翼の父親と母親の若いころのラブコメ話→ファッ!?


正直「えっ!?両親のラブコメ話からじっくり描き始めるの!?」って思いました。
例えるならば、茶店でコーヒーを注文したら、コーヒー豆を収穫するところから見せられてるような、そんな気持ちですかね。


翼の父親って、世界を航海しててずっと家開けてるって印象しかないですし、母親も存在感があるようでない。つまり、どっちも印象が薄いんすよね…。
そんな2人のラブコメ話を延々と…。これ、需要有るんですかね…?
同じラブコメ話なら、日向とソフトボール女の1日デート密着記とかの方がよっぽど需要あるんじゃないかなあと思ってしまったり。


うーん。なんといいますか。「読者が求めてるスピンオフ読み切り」と「YOO1先生が描きたいスピンオフ読み切り」の間に、かなりの隔たりがあるように感じました。
前回の若林スピンオフ読み切りは、読者の需要と丁度一致してたところもありましたから、面白く感じたんですけどね…。


一つ確かなのは、翼の両親の若い頃のラブコメ話をわざわざ1話の大半使ってじっくり描き上げたって事は、YOO1先生は、今回の翼のスピンオフ読み切りを3~4話ぐらい使って、たっぷり描く気マンマンだ!って事ですね…。
只でさえライジングサンのドイツ戦も展開遅いのに、大丈夫?と心配になってしまいますね…。



とはいえ、翼が南葛市に引っ越す前の話自体は、興味はあるのも事実。
親父の仕事(画家)の影響で日本を転々とし、日向や松山とも一時期チームメイトで知名度もあった岬と違い
翼は南葛で石崎や若林と出会うまで、マジで全く知られてない無名の存在だったっぽいだけに、なんかすげえ気になるんですよね。


それに、両親のラブコメ展開も、需要の有無はともかく、これからの展開を描くうえで、必要だから描かれたんだろうなってのは分かります。
東京の下町で船宿をしている翼の祖父と祖母の存在や、翼と一緒にサッカーしてるリクという犬の存在…伏線なんでしょうねえ、このへん。



あれだけサッカーが上手いのに、サッカーの相手が同級生じゃなくなぜ犬なのかとか…気になるじゃないですか。
個人的には、なーんか闇を感じるんですよね、翼の過去って。
流石にサッカーサイボーグとして監禁同然の幼少期を過ごしたサンターナよりはマシだと思いますが、翼のサッカー馬鹿ぶりについて来れる者がおらず仲間外れ…程度はあったのかもしれませんし。


次回以降の展開に期待!って所ですね(′・ω・`)




(20200817) 彼岸島 48日後… 第253話「直立」

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。
雅(マサ)率いる彼岸島の吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。
法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。
その名を、宮本明!!



雅の息子の1人「蟲の王」がいるという国会議事堂へ向かう明さん一行。そこで遭遇した自衛隊と共闘し、国会議事堂地下につながる大穴へ潜入し、ついにボスである“蟲の王”の元へとたどり着く…!巨大な蟲の王相手を倒すため、明さんと勝っちゃんは蟲の王の体内へ侵入する…!



蟲の王の汚ったねェ鼻水&鼻毛ゾーンを抜け、奥へ奥へと進む明さんと勝っちゃん。大量の人喰いバッタたちに追われながらも、最奥の心臓部分へとひた走ります。


外で蟲の王を引き付けていた鮫島様達も、隠れながら様子をうかがっていたのですが…突如蟲の王の様子が豹変。
隠れていたクソハゲを見つけたのと、いつの間にか自分の体内に人間が入り込んでいる事に気づいちまった…!!



そして思わず尻尾を直立!!そのまま逃げる鮫島様達めがけて…尻尾を振り下ろしたー!!
ここは笑うところじゃないはずなのに、ちんこのフル勃起にしか見えねえから、ちくしょう!!



あと尻尾をフル勃起させたことでバッタが下に落ちていなくなったと、なんかバッタの扱いが妙に雑な気がするんですが…決してソーシャルディスタンス先生ェがバッタ描くの飽きたとかじゃないですよね…?





(20200807)キャプテン翼 ライジングサン 第109話 夢vs夢 & 第110話 ただ勝利のために…!! & 第111話 前へ━━!!

【今回の要約】


マドリッドオリンピック・サッカー男子はいよいよ決勝トーナメントに突入。日本の準々決勝の相手は、Jrユース決勝の相手だったドイツ。
6-4で延長戦後半に突入し、お互いの夢の潰しあいの様相を呈した両チーム。
ボールを持った翼は目の前に立ちふさがるカルツをかわしてチャンスを作ろうとするも、直角ディフェンス→チョコマカディフェンスからのサブマリンディフェンスの3段構えで、逆に翼からボールを奪取する。


ボールを奪ったドイツは、シュナイダーが自陣ペナルティエリア内まで下がり、逆に長身のタイガーボランとマイヤーがオーバーラップ。高さを生かして日本ゴールに攻め込む奇策に出る。
タイガーボランと日向が競り合ったこぼれ球を、カルツがシュート。これをタイガーボランが雷獣シュートで撃ち返し、さらに走りこんだシュナイダーがファイヤーショットで撃ち返す。
森崎も「身体の何処かに当たってくれぇ」で必死に防ごうとするも、その森崎をも弾き飛ばして5-6。ドイツは再び1点差に迫る。


森崎はシュナイダーの反動蹴速迅ファイヤーで肩を負傷するも、応急処置で試合続行。
日本はドイツの奇策に対してお返しと言わんばかりに奇策を刊行。自陣でとりかごを展開すると見せかけて、前がかりになったドイツのスキをついて、三杉が日向と新田へロングフィードを決める。
果たして最後に勝利をつかむのはどっちだ…?


もりさきくん、ふっとばされたー!!
今大会はオランダのドールマンも「身体の何処かに当たってくれぇ」をやってましたが、やはり本家本元の森崎の口からこの言葉が出てくると、グッとくるものがあります。

とはいえ、きっちりゴールを決めてくるのはさすがシュナイダーというべきか、やっぱり森崎というべきなのか。
でも、中学時代の森崎はシュナイダーのシュートに“ついていくのがやっとだった”ほどのレベル差があったことを考えると、触れるだけ進歩した、とも言えるかもしれません。

そもそも、あんな雷獣シュートを打ち返したファイヤーショットなんて、森崎相手にはあまりにもオーバーキル過ぎるんだよなぁ…。あんなもん止められる方がおかしい(キリッ)


あと、今回は翼がいつもあんまり言わなそうなことを口にしてるのが印象的でしたね。「夢のつぶしあい」と“つぶす”を強調するようなことを言ったり、「最後のもうひと踏ん張りいけるよな三杉淳」と、三杉をフルネーム呼びしたり。
三杉のナイスプレイ後には「さすが華麗なるナイスプレイだ三杉くん」と、いつものくんづけに戻ってるあたりが、また、なんか、いいですよね。うん。距離感というか。
というか三杉、このラストプレイが終わったら、ぶっ倒れるんじゃないだろうな…?幽体離脱やらかしてるし、普通にありえそうで怖い。