(20100813)デトロイト・メタル・シティ外伝 レッド

雨の日も、嵐の日も、その男は、たゆまぬ努力(バイトの日々)に明け暮れる…。
全ては己が信じてやまない者の所に通い続ける為に…。



今回は、DMC信者の中でも特に熱狂的である、「DMCファンブック 魔典」では「ファンの鏡」と表記されていた「アイツ」にスポットが当たった外伝です。
面倒くさいので、以下コイツはいつも通り「レッド」と表記します。


なお、あらかじめ書いておきますが、今号のYA表紙には、でかでかと「帰ってきたクラウザーさんとか書かれていますけど、実際には今回のマンガにクラウザーさんは全く出て来ません。JARO的に大丈夫なのかコレ(w



今日もビクトリーレッドの中の人として、ヒーローショーで活躍するレッド。もはやすっかり子供たちのヒーローです。





ちょwwww教育上よろしくねえwwwww



ところが、ヒーローショーを主催してるおっさん(なんだか妙に梨元さんに似てる)が突然、うちのヒーローショーが倒産するからバイト代が払えないとか言い出してきたからさあ大変。


レッドにとっては、ヒーローショーのバイト自体は別にどうでもいいんですが、今日は奇しくもDMCのライブがある日。


「このバイト代で行く予定だったんだ、どうしてくれんだよ!!
3千円出せよ3千円!!
必死に正義のために戦ってんだぞ!!」


まあ、正義の為といっても、「アナル固め」してたじゃん!とか、そんな無粋なことは言っちゃいけません。
しっかし、以前DMCのライブは毎回行ってると豪語してたとはいえ、どんだけ生活切り詰めてるんだレッドwwww



と言うわけで、クラウザーさんが降臨するライブに行く為には、どうしても3000円が必要。なので、3000円が欲しくて欲しくてしょうがないレッドは、バイト仲間の紹介で、素人が参加できる格闘技大会イベント(優勝賞金100万円)に参加することになりました。
もちろんこのまま「ビクトリーレッド」の着ぐるみで参戦。
とは言え突然の飛び入り参加など許されるはずもなく、入り口でなどと止められますが、主催者に張り手を見舞って強行突破。かっけえええええ。


そして天性の天賦の力で、あっという間に決勝戦まで登りつめてしまいます。展開はやっ。


「ここまで戦ってきて改めて思い知らされた
己の未熟さとクラウザーさんの偉大さを
俺は弱いっ!!」


そう言いながらも決勝戦の相手をぶん殴って、歯を三本ぐらい折ってヘシ折って優勝。なんという圧倒的強さ…。


一体レッドの中の脳内クラウザーさんはどんだけ強いんだ…。実際はただのゴボウ男なのに…などと言ったらDMC信者たちに確実にSATSUGAIされちまいそうです。嗚呼恐ろしい。


恐るべしレッド。これほどの強さがあればプロの格闘家としてガッポガッポと儲かり、輝かしい格闘家の道が…って、え?賞金100万円は後日振込み?













かっけえええええ。





こうして最後は無理矢理3000円をゲットしたレッドは、そのままDMCのライブへ…!!






ラストのコマの、ライブを見つめるレッドの純粋無垢な笑顔がまぶし過ぎます。まさに、コイツこそがファンの鏡!!



しかし、クラウザーさんを追いかける為に、日々どんな過酷な労働もいとわないタフな肉体と精神を兼ね備え、

毎回欠かさずライブに行く為に生活費を切り詰め(貰ったバイト代を即ライブ代につぎ込むぐらいだから、相当生活費とかヤバそう)

目標の為なら、如何なる困難をも打ち砕く強い意思を持ち(飛び入りで格闘技大会優勝)

たとえ目の前に輝かしい栄光・未来(100万円withプロ格闘家への道)が待っていても、一秒のためらいもなく、目の前の3000円(クラウザーさん)を選ぶ…!!


これ、少女漫画とかに置き換えたら、とんでもない尽くしっぷり&強い信念です。まさにこれぞ真実の「愛」!!完全無欠のヒロインじゃないか…!!
ちくしょう、読んでて胸が熱くなってきやがった!!って感じです。


そう考えると、なるほど、やっぱり、この漫画の真のヒロインは、紛れもなくレッドだったんだなあと改めて痛感させられます。


今回のお話、若杉先生は一見ギャグっぽく描いておりますが、真の内容は、クラウザーさんに対するレッドの、1ミクロンも揺るぎの無いほどの強い「愛」を描いた、壮大なラブロマンスだったのです!!…たぶん。


え、ヒロインは相川さんじゃないのかですって?
誰それ、どこのメス豚?



若杉公徳先生の巻末コメント
「単行本10巻発売中です!」

(20100810)デトロイト・メタル・シティ FINAL EVENT レポート

「デトロイト・メタル・シティ」10巻(最終巻)発売を記念して、若杉公徳先生のサイン会が4大ドームツアーと称して大々的に行われました。


と言っても、本当にドームでサイン会やったわけではなくて、福岡ドーム(から約20分のジュンク堂書店福岡店)」みたいなノリですけどね。
相変わらずの素晴らしいセンス!JAROに訴えられたらヤヴァそうですが(w


そして4大ドームツアーのトリを飾るべく、8月6日に東京でのサイン会が、東京ドーム(から約20分のタワーレコード渋谷店)で開催されました。しかもサイン会のラストに相応しく、なんとTHE冠の冠徹弥カジヒデキのミニライブ付き!!


単行本代の500円ちょっとで、カジヒデキとかのライブ見れて、若杉先生のサインまでもらえちゃうんだから、どんだけ凄いんだコストパフォーマンス。 太っ腹すぎにも程があるぞ白泉社



…というわけで10巻の発売日に久しぶりにタワレコに行き、単行本10巻を購入し、整理券をゲット。その後当日、イベントに行ってきました。


会場にはDMCTシャツやTMT(テトラポット・メロン・ティ)Tシャツを着てる人とか、額に「殺」と書いてある人とか、見るからにDMC信者と分かる皆さんが大集結。
下は13歳の少年から、50代ぐらいのおじさんまで、多くのDMC信者の猛者ども・精鋭というか、メス豚とかゴボウたちが集結しました。
(やっぱり思ったより女性の比率が高かったです。この漫画はメス豚の何を惹きつけるのでしょう。うーむ。)
負けじとこちらも、こないだMAG・ネットに出た時に着てた、「くいこみ戦隊ブルマちゃん」Tシャツで会場に行きました(w


まずはサイン会からスタート。100人以上の参加者が1人づずステージに上がって、若杉先生からサインを書いてもらいます。
サイン会の間は結構アットホームというか、フリーダムな感じでして、若杉先生がサインを書いてる横で、DMCのイベントがキッカケで結婚しましたとか、子供が出来ましたとか、突発的にDMCのエアギター大会の時の優勝者の女性が、ステージ上でエアギターやったりとか…土肥さん(「てりっ」の人のモデル)の握手会チックなモンが行われたりとか、良く言えばフリーダム。悪く言うと無法地帯(w


いやーしかし、いろんな人が居たもんだなー、と感心させられます。



こうして2時間ちょっとでサイン会は滞りなく終了し、8時からはいよいよミニライブ。
ライブの準備中は、司会者の方とDMC担当編集の永島さんのトークライブみたいなモンが行われて、いろんな裏話が聞けました。
今度YAでやるDMC番外編の内容とか、製作裏話とか、伏せ字の問題についてとか、カミュさんの細かいセリフは若杉先生のアドリブだったとか、信長みたいな和風メタルなキャラを出したかったとか、大阪のサイン会はメス豚率が高かったとか…まあそんな裏話です。



そして準備が整うと、特別ライブがスタート。


まずはカジヒデキさんが根岸の格好で登場。ラズベリーキッス」「甘い恋人」などを披露しました。
まるで社会的に成功した根岸(脳内妄想)が目の前に現れて、実際に歌っているかのような、とんでもないシンクロっぷり。これはもう鳥肌モンでした。


続いて登場した冠徹弥さんは、悪魔将軍みたいな格好「SATSUGAI」「恨みはらさでおくべきか」などを熱唱。
観客のノリノリ感がハンパなかったです。前列の人たちに至っては、おもいっきりヘッドバンギングしてましたし。



最後は若杉先生と、YA編集部の永島さんと安藤さんが締めて、イベントはついに終了。
最後に若杉先生がステージの床にマイクを置いてそっと立ち去るという、
山口百恵の引退コンサートを彷彿とさせる去り際を垣間見た時
「ああ、DMCはコレで本当に終わったんだなあ」と感慨深い気持ちになりました。


…まあ、来週番外編が出るけどな(′・ω・`)



最後に、会場内で撮影したものをいろいろご紹介。
ピンボケしてるのばっかりですが、気にしてはいけません。



アニメDMCも上映中。結構な人だかりが出来てました。




映画で使われた小道具も展示。こちらはトートバッグに手紙。




アモアムのクオリティの高さは異常!!




DMCメンバー3人のご尊顔が並んだ寄せ書きコーナー。
この画像だとまだあまり書かれていませんが、ライブ終了ごろにはビッシリ熱いメッセージが書かれました。




ちなみに右上部分は、会場でお会いした
富山の高倉さんが書いた、えらい個人的?な熱いメッセージ。うん、これは泣ける。




CDジャケットも展示。他にも「ガッツキ肥溜めさん」とかもありました。




額に「殺」と書かれたモナリザ




そしてコレが頂いたサイン。
最初の刻印会の時とは違って、クラウザーさんの顔まで描いてくれました!!





というわけで、イベントのレポみたいなモンを簡単に書いてみたわけですが、せっかくですので、今週の金曜日に発売の「ヤングアニマル」に掲載される「DMC番外編」の感想を、今週の金曜日にでもアップ出来ればいいなーと思っています。


どうやら、クラウザーさんが大好きな「アイツ」がメインのお話らしいですが…果たしてどうなることやら。

(20100424)デトロイト・メタル・シティ TRACK113「NEGISHI & CRAUSER」


ついに最終回…。
クラウザーさん魔界へと還られる時がやって来た…。



巻頭カラーで最終回という、連載初期に比べると、ものすごい破格の扱いです。漫画の前のカラーページでは、若杉先生と担当さんによる4ページのインタビューで、色々と作品の裏話を語っています。


和田がここまで伸びるとは思わなかったとか、鬼刃さんもっと描きたかったなぁとか、西田がピンでレモンと太鼓対決する回はキツかったなぁとか、フランスの鳩が飛んでるだけの回は、実際にフランスまで行って(自腹)手間かけたんだZE!とか。


そして前回の話は「ライブ」シーンの最終回。そして今回は「プライベート」の最終回と、2つの最終回のイメージで作ったんだそうですよ。



で、その最終回。最後だからってワケじゃないのでしょうが、ついに根岸は相川さんに告白する決心をします。ついでに自分の正体も打ち明け、「裸執事」の如く「すべてをさらけだせ」状態に…。



まあ最終回ですし、ギャグ漫画の内容をあんまり書くのもアレですので、最低限の感想だけ(′・ω・`)



●原作の相川さんは良い意味でも悪い意味でもアホの子だなあ…。映画版の相川さんは、すんなり気付いたのに…。まあ根岸のアプローチも問題あるけど、空気読もうぜ相川さん (′・ω・`)



●そして最終回でも酷い扱いだった相川さん。なんたって「いま口に小さい何かが入った――」ですからねえ(′・ω・`) 
所詮メス豚ポジション。ヒロインの器じゃなかったという事なのか。そうなると…やっぱりこの漫画のヒロインはレッドだったんだよ!!(な、なんだry)



●最終ページの締め方は、デスメタルっぽくて(・∀・)イイ!!
映画版とどっちが良かったのかと言われると、悩むところではありますが。



●…ところで佐治くんにはフォロー無いのかな。対談でも佐治くん絡みの話は一切無かったし。なんだか(´・ω・) カワイソス



●対談の冒頭で晒し者になっているアシスタントのO君(童貞・クンニまで行った)(´・ω・) カワイソス。というかそこだけで1コーナーとかwwww



まあ、対談の最後でも、若杉先生も担当さんもクラウザーさん仕事(CMとか)はまだまだ受けるお。ギャラ次第じゃクラウザーさんのイラストとかガンガン描くお」などと、なんだか生々しく語っていらっしゃいますので、クラウザーさん自身は、今後もちょこちょこ降臨しそうではありますけどね。


そう、最終回になったからと言って、クラウザーさんは死んだわけじゃない。まだまだ生きてるんだ、ちょっと魔界へご帰還なさるだけなんだ!という意味でしょうか。なんとも頼もしい…。


しかし、DMCが終わると、アニマル読むモノが無くなるなあ…。「3月のライオン」と「自殺島」と「ふたりサッカーいとをかし」と…あとは時々「フロッグマン」くらいしか(′・ω・`)



若杉公徳先生の巻末コメント
ヤングアニマル読者の皆様、また新連載でお会いしましょう!!

(20100410)デトロイト・メタル・シティ TRACK112「SATSUGAI」

「貴様等、よく今までオレについて来たな
テメェ等の醜い面(ツラ)、一人残らず覚えてるぜ
貴様も、貴様も、貴様も、貴様も、貴様も…
毎回しつこくライブに集まるクソ共よ…
今日は特別に、1人残らずブチ殺してくれるわ―――」





最終回直前の今回は、一話丸々使ってのラスト「SATSUGAI」…。これは濡れざるを得ません。
SATSUGAIを熱唱しながら、ジャックの鼻に指を突っ込んだり、ケニーにおもかじオッパーイをしたり、相川さんの前で死んで見せたりと、もうとんでもないぐらいの大サービス振りです。


 そして、そんな中クラウザーさんがレッドを指差し!
コレまで誰よりもクラウザーさんを熱狂的に応援し続けてきた男が、この大舞台でステージに上がり、クラウザーさんからスパンキングを受ける…。…嗚呼、これぞファンにとっては最上級の名誉であり、喜び。


初生贄にされたレッドは感激のあまり涙を流しています。
ちゃんと連載終了までに生贄にされて良かったね、おめでとうレッド!と、妙に感慨深くなってしまいます・゚・(ノД`)・゚・


そうか、この漫画の真のヒロインは、相川さんでもケニーでもシャッチョさんでもなく、レッドだったのか!!そうなのかー。



それにしても今回、完全にゴッドさんがフェードアウトしてたなあ。パパのギターはぶっ壊されちゃうし、なんかもう色々と(´・ω・) カワイソス。



若杉公徳先生の巻末コメント
神聖かまってちゃんを永遠とり憑かれたように聴いています。

(20100327)デトロイト・メタル・シティ TRACK111「NEW LEGEND」

DMCは今回のお話を含め、あと3回で連載終了…。


ついにクラウザーさんが地獄へと帰られてしまうのか…。

クラウザーさんとの別れは寂しいですが、漫画的にはこの辺で終わっておくのが妥当かな、と個人的には思います。これ以上長引かせてもダレるだけでしょうし…。


まあ、映画化、アニメ化、音楽CD化、タワレコでサイン会と、色々やりきった感がありますからねー。連載が終了しても、クラウザーさんは我々の心の中に伝説として生き続けて行く事でしょう。



それでは今号の感想。
全ての無駄な衣装を取り払い、メタルをやる為だけの最低限の衣服を身にまとった、ゴッドさん最終形態。やっぱりフリーザ様を彷彿とさせます。


目にも見えない早弾き、軽やかな身のこなし、滴る汗…スポーティにすら見えるゴッドさんの前では、クラウザーさん悪魔玉も、ベルリンの金色の風も、さらにはゴッドさんの頭に巻いてるヘアバンドを利用した「ゴムゴムのハナクソ」も、全く通用しません。涼しい顔して普通に演奏を続けています。ゴッドさんある意味空気読めてねえ(w


何の雑念にも囚われず、ひたすらデスメタルを奏で続ける、デスメタルの帝王の遺伝子を受け継ぐ男…。悪魔のギターの弦も切れ、数多のパフォーマンスも通用せず、観客たちはおろか、クラウザーさん自身でさえも、今回ばかりは敗北を喫することを覚悟したその瞬間…。


生死の境を彷徨っていたシャッチョさんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


手には、連載初期、ジャックから悪魔のギターを受け継ぐ時まで使ってた、クラウザーさんのギターが。

それを目にしたクラウザーさん「もうオレには必要ねぇ」と、突然持ってた悪魔のギターを破壊(デストローイ)ー!!



「お前が、伝説を作れ」


初めて根岸がクラウザーさんとなった時、シャッチョさんは同じ事を言って、根岸にギターを託しました。クラウザーさんの脳裏にあの頃の映像がプレイバックで蘇ります。


(長かったな、いま見せてやる これがオレの 答えだ
死にぞこないのクソババァ、冥土のみやげだ
オレが、オレこそが、オマエの見たかった 伝説
ヨハネ・クラウザーII世だ)


受け継いだ伝説を捨て、自らが新しい伝説を作り上げる…。
逆光に照らされ、シャッチョさんから受け取ったギターをかき鳴らすクラウザーさん
このシーンのクラウザーさんが最高にカッコ良過ぎる…!!
子宮も無いのに妊娠してしまいそうです。


そしてそんなクラウザーさんの勇姿を感慨深げに見つめているシャッチョさんが、なんだか完全にヒロイン化しているように見えて仕方がありません。相川さんの立場が完全に無くなってて(´・ω・) カワイソス。


新しい伝説の前には、ゴッドさんも完全に脱帽。
その後、「ゴッドだか神だか知らんが、貴様など豚のケツ拭く紙にすぎんわー」と、クラウザーさんによって、梨元さんのケツに顔面を押し付けられちゃうゴッドさん、(´・ω・) カワイソス。



そして次号は、ジャギ様・カミュさんと共に、「SATSUGAI」フルバージョン!!


そういや連載中に「SATSUGAI」がフルコーラスで演奏されてるシーンは無かったんでしたっけ。これは間違いなくとんでもない事になりそうです。次回を想像しただけで、先走り汁が止まらないぜ…。



若杉公徳先生の巻末コメント
スト2話と9巻よろしくお願いします!

(20100312)デトロイト・メタル・シティ TRACK110「VAGINA」

ゴッドさん変身ktkr!!しかも変身が3段階もあるという、まるでフリーザ様ばりの変身のバーゲンセール状態!!ついつい脳内で、TVアニメ「ドラゴンボールZ」(決して「改」ではない)のBGMが流れてしまいます。


しかもクラウザーさんもゴッドさんの最終形態(素顔を見せシャツと半ズボンに着替えただけ)を目の当たりにして、さすがにヤヴァイと思ったのか、ジャギ様とカミュさんに「下がれ」とか言ってますし、こんな細部までDBチック。

もうここまで来たら、クラウザーさんが髪の毛を逆立てて「スーパークラウザーさん」に変身したりとか、ゴッドさんが武道館をあと5分で爆破させたりとか、もうとことんやっちゃって下さい(w



あと印象的だったのは、クラウザーさんとゴッドさんが、互いに「俺はデスメタルなんかやりたくねえんだ」というドス黒い感情を抱きながらも、激しくギターをかき鳴らすシーン。ふたりの思想と行動が見事なまでに合ってません。


なんか「帰ってきたドラえもん」で、のび太「うれしくない、これからまたずうっとドラえもんと一緒に暮らさない」と言いながらも、ドラえもんとの再会を抱き合って喜んでるシーンを彷彿とさせます。



それにしても最後の「重大発表」ってのが気になります。映画化・アニメ化・CD発売と、もうメディアミックス進出はやりつくした感があるので、もしかしたら「最終回」のお知らせか何かなのかー!?だとしたら悲しい…。あまりにも悲しすぎる…。


そうそう。最終回と言えば、今号のヤングアニマル「ゆびさきミルクティー」が最終回を迎えたわけですが、あんまりにも投げやり気味な最終回に、( ゚д゚)ポカーンとしてしまいました。
やはり、この漫画のピークは「ち●ぽ舐めていいよ」のシーンだったのかなあと、しみじみ。


でも「ユリア100式」、YMTと大物タイトルが去り、コレでDMCまで終わったら、ヤングアニマルはかなりヤバいんじゃね?まあ、「ふたりサッカーいとをかし」と、「自殺島」イキルきゅん(子犬)と、「フロッグマン」テコ入れにより清楚ビッチしたハルカたんの裸体が楽しめれば、いいや(爆)



若杉公徳先生の巻末コメント
雨上がり決死隊の「べしゃプリンッ!」の終了がショックです。」

(20100228)デトロイト・メタル・シティ TRACK109「HEREDITARY」

自らがフランスで大暴れしているムービーのスクリーンを、ギターで引き裂いて姿を現すという、クラウザーさんの登場シーンが最高にカッコ(・∀・)イイ!! もう股間はビチョ濡れよ!!



そしてこれを見て、どこからともなくジャギ様とカミュさんも出現し、久しぶりにステージ上で「DMC地獄の人文字」が完成!!Cを表現するためにステージ上で立ちションベンを始めるカミュさんは、メタルモンスターとか言う以前に、人として危険なレベル過ぎて吹いた。クラウザーさんとは別次元でヤヴァイお人やで…。


そしてゴッドさんのゴッドウォークもあっさり破って、悪魔のギターを奪っちゃうクラウザーさん。ギターを返せと迫るゴッドさんを「黙れ、この親の七光り…“世襲メタル”めがぁ」と一喝!!ゴッドさんは初代悪魔のギターの持ち主であるカールス・マーダーの息子ですからね。なるほど、たしかにボンボンだ(w


これに対して、ゼロからコツコツと活動を続け支持を集めてきた、叩き上げのクラウザーさんは、まさに宗男メタル!!…って、なぜそこで鈴木宗男wwwww DMC信者達の「ゴートゥムネオ」コールが無駄に熱いぜ…。


アレ?でもクラウザーさんの本名は「ヨハネ・クラウザー“I I世”」なんだから、クラウザーさんも一応「世襲メタル」なんじゃ…ええい、細かい事気にしたらあかんで!世の中そんなもんや!ってことですね。わかります。まあ親父ったって I 世ですし、すでに倒してるし(w


うーん。しかし、なんだかここまでゴッドさんがショボいなあ。シャーセや I 世もそれなりに意地を見せたと言うのに。もうちょっと頑張ってホスイ・・(´Д`*)



若杉公徳先生の巻末コメント
小沢健二の復活ライブにはどうしても行きたい。」