(20110413)ドカコック本舗

「ドカコック」。


主人公は伝説の流れドカ、ドカコックこと「京橋健策」*1。日本全国数々の工事現場を渡り歩き、現場で起こるトラブルをドカ料理によって解決。旨いメシで人々のお腹と心を満たし、ドカ達の心と絆を取り戻させ、必ず現場を成功に導き、再び次の現場へと去っていく…。


という、なんだかよく分かんないけれど、強烈なノリと熱さで読者の心をひきつける、超が1万個ぐらいつくほどの、熱いぜ熱いぜ熱くて死ぬぜって勢いのドカクッキング漫画です。


詳しくはこの編を参照していただければいいかと思います。



作者は「ワイルドリーガー」「内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎」渡辺保裕先生。「ドカコック」はこれまで週刊漫画ゴラク」「月刊ヤングキング」で読みきりが掲載され、ついにはコンビニ版ですが、単行本まで発売され(ごく一部で)大反響となりました。



そんなドカコックが、今度は週刊漫画サンデーに舞台を移し、「ドカコック本舗」とタイトルをちょこっとだけ変更して、まさかの読みきり掲載!!作者名の上に載ってる渡辺先生の異名もゴラクマイトガイ」→「ヤンキンマイトガイを経て「マンサン風雲児」へと変化!!それに習い、以後敬意を表して、渡辺先生の表記は「渡辺"マンサン風雲児"保裕先生」とさせていただきます。



今回ドカコックが働く現場は長野県伊那市某村。外資系ホームメーカー“アメホーム”信州支店長「長谷川カズヲ」指示のもと、地元の腕利きのベテラン大工は与えられた単調な仕事を確実にこなす雑用を強要されています。合理的で的確では有りますが、それはベテラン大工心を揺さぶらない単調な内容…。



楽しい昼メシの時間。「めし処 勘太郎」。ドカコックがベテラン大工達と一緒に、地元の家庭料理「ジャガいなり」舌鼓を打っていると、カズヲが「そんな田舎臭い料理なんか食ってねーで合理的なサンドイッチでも食おうZE!」などとほざきます。じつにKYですね。


そんなカズヲもかつてはアメリカで最新の建築技術を学んで村の大工の伝統を受け継ぐダニ!と張り切っていましたが、10年前の輝かしい夢に満ち溢れた姿はどこへやら、鼻っ柱をへし折られて、今ではすっかり外資系ホームメーカーの社畜と成り果てていたのです。


カズヲの幼馴染のイスズちゃん(このメシ屋の女将です)は、そんな社畜と成り果てたカズヲをひっぱたいて、店内はえらい事になっちゃうのですが…ここでついにヤツが動き出します。


ドカコック「土が也(のびひろがる)…
つまり、平に広がる土を土地と呼ぶ…
その土地に生まれ、そして育ってきたその意味を…
思い出してもらおう!」



















 ド カ コ ッ ク ! !!!!!



というわけで、ドカコックは唐突に厨房を拝借。そして魂の料理を作り始めるのでした。さてその料理とは…?

ローメン飯」


(1) マトン(羊肉)を肉叩きで叩いて柔らかくする。


(2) 柔らかくなったマトンを、包丁で削ぎ落とす。


(3) マトンと塩、ザク切りキャベツを鳥ガラスープに投入。


(4) ソースで味を微調整し、蒸し麺を入れる(ローメン


(5) ローメンに水溶き片栗粉でとろみを付ける


(6) 丼に地場産かみいな米の炊き立てのご飯をよそい、生卵を落とし、そこへローメンを注ぎ込む


(7) にんにくの醤油漬けを散らした後、すぐにフタをして蒸らす


(8) できあがり。

…とまあ、普通の料理番組っぽく簡潔にまとめちゃうと、こういう工程になるんですけど、コレがドカコックの、渡辺"マンサン風雲児"保裕先生の手にかかると…!?



(1) 

ドカコック「マトン(羊肉)を肉叩きで叩き
テンダーミートにするのは、地盤改良!!」


大工「こ…こりゃあ、玄翁ダニ!! 
まるで玄翁で釘を打つみたいだナエーッ!!」


(2)

ドカコック「柔らかくなったマトンを…削ぐのは地鎮祭!!」


大工「!! 鉋(かんな)ッ!!! しかも一枚刃ッ!!
一流の大工じゃねえと使いこなせねえ裏金のつかねえ一枚刃鉋ゼ!!」


…とまあ、こんな感じで大工の作業に例えた、熱い展開で料理をこしらえていきます。まあ、いつも通りすぎて安心するゼ!!


そして…。

(4)





リメンバー(思い出せ)
ドカントリー!!(心の故郷!!)


出た!「渡辺"マンサン風雲児"保裕先生特有の、なんか意味の分かんない横文字来たwwww
何かこれが来ると、ひどく安心します。


それにしても、左側のCMソングみたいな「♪うま伊那ローメンみたいなのは何なんだゼ?


そしてさらに…。

(7)





Q値もC値も関係ねえwwwww


ただ普通に丼にフタしただけなのに、なんか偉くインテリに聞こえてしまうのだから、恐ろしい(′・ω・`)


こうして、ついに魂の料理が出来上がりました。名付けて…。

(8)


伊那のド勘太 ローメン飯(はん)!!
竣工、そして引き渡しッ!!








今こそ 
ドカンバックホーム!!(帰ろう故郷へ!)
ドカンバックホーム(帰ろう)
ドカミング!!!!(魂の帰省!!!)


もはや料理名より、横文字の方が目立っとるwww



いやあ。相変わらずです。火傷しそうなほどの熱さと雄々しさ!!言葉の意味は分からないが、なんか凄そうな横文字群!!なんというドカフロンティアスピリッツ!!

読んでるこっちが火傷してしまいそうです。



ちなみに単行本のインタビューによると、作品に登場する料理は、渡辺"マンサン風雲児"保裕先生が、自ら実際に調理するそうです。(今回も「作者であるマンサン風雲児は実際に作って〜」という説明書きがあります)

リアルに作った事があるからこそ伝わる、料理がより美味しそうに見える!!ってやつですね。



何かもうこの時点でお腹いっぱいな感じになっちゃいましたので、この後は要点をかいつまんで、あとは敢えて省略させていただきますね。


●「ラーメンライス」「カレーうどんとかやくご飯」「そばめし」…。
麺とご飯のハーモニーは、「日本人の忘れ得ぬ味、心の故郷」だそうです。
なるほど、「どげせん」
の瀬戸先生が、カレーラーメンを食べたいという欲求から、ラーメン屋の頑固オヤジに全裸で土下座してた気持ちも分かる…わけあるかああああ。


●そして今回久々の英語ルビも飛び出します。





「温故知新」と書いて「Taking a lesson from the past」!!
まあ英訳するとそうなるんだからおかしくは無いんですが…違和感がハンパねえwwww


●イスズ「兄っこって、もしかしてネットに出ていた…
おいしい料理で現場の工事を成功に導くという流れドカ…伝説のドカコ」


ドカコック「自分はただの…ドカですよ」


とまあ最後は、お決まりのセリフを言い残し、また一つの現場にやる気と光を与えた所で、ドカコックはまた新しい現場を求めて旅立つのでした…。


…って、ネットで話題なのかよドカコックwwww


しかも、ドカコックの着てる服の背中には、ご丁寧に


「DOKACOOK.COM」


とか書いてあるではないですか!! なんだよこれはwwww


実際にURLを入力してみたらどうなるんだろう…とワクワクしてたんですが、残念ながら「Not found」でした。無念なんだゼ。



いやー。今回も期待を裏切らない出来でした。笑った笑った。そして熱かった!!
連載雑誌や出版社が変わっても、決して変わらない、水戸黄門のごとく安定したテンプレ展開には、安心感すら感じてしまいます。



まあ個人的には、ドカコックがこの度の震災で被災した皆さんの為に炊き出しを実施したり、あるいは瓦礫の山を撤去や被災して壊れた道路を修理しているドカ達へ、ドカ料理を振舞ったり…そんな震災復興支援的な展開を、ちょっとだけ期待していたのですが…まあ、さすがに無理か。


でも、やっぱり、こういう時だからこそ、ドカコックが必要なんじゃないかと思うんですよ。某国総理大臣某電力会社の社長が来るよりも、ドカコックが来てくれた方が、よっぽど人々を勇気付けられるんじゃないかと!!



…まあそれはともかく、今回の掲載によって、ゴラク→ヤンキン→マンサンと、まさかの三誌制覇!!
これぞまさに男の夢!!ドカドリーム!!


てっきりずっとヤングキングに掲載されるのかと思ってたんですが、なんかもう、「ドカコック」という漫画そのものも、流れドカのごとく、いろいろな漫画雑誌を渡り歩いて行くんじゃないかって気がしてきました。この調子だと、たぶん次回は別の漫画雑誌に載ってる可能性が高そう(w



というわけで、次のドカコックがどの漫画雑誌に載るのかを勝手に予想してみました。


本命:@バンチ
対抗:近代麻雀
大穴:週刊少年チャンピオン


まあ、基本、どの雑誌に来たとしてもドカコックは読んでいく所存ですけど、まかり間違って週刊少年ジャンプなんかに来ちゃったらどうしよう。それはそれで凄いことになりそうですが(w





*1:ゴラク時代は「建策」になっていました。

(20100123)思い出してもらおう…ドカコック!!

渡辺“ゴラクマイトガイ”保裕先生(代表作・「ワイルドリーガー」「内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎」など)が「週刊漫画ゴラク」で時々書いていた読み切り漫画「ドカコック」


旨いメシで腹だけでなく、心も満たし、必ず現場を成功に導くという伝説の流れドカ「京橋建策」が作り出すドカ料理は、現場近くで働く人々の心の絆を取り戻す…という、感動的かつ、「熱い」って単語が100個ぐらいつくほどの、熱いドカクッキング漫画です。
詳しくはこの編をご覧あれ。



でまあ、最近すっかり姿を見せなくなっていた「ドカコック」でしたが、なぜか今月発売の「月刊ヤングキング」に、ドカコックの最新読みきりが!!
さすが流浪のドカ、出版社の垣根なんて平気で乗り越えちまいます(′・ω・`)
やってくれるゼ、渡辺“練馬旋風児(ネリママイトガイ)”保裕先生ッ!!



内容自体は、ゴラク時代とほぼ同じですね。旨いメシで腹だけでなく、心も満たし、必ず現場を成功に導くという伝説の流れドカ「京橋健策」(“健” の字が違ってる)が作り出すドカ料理は、現場近くで働く人々の心の絆を取り戻す…という、感動的かつ、「熱い」って単語が100個ぐらいつくほどの、熱いドカクッキング漫画です。


ゴラク時代と比べると、ドカコックの額に出来た傷の向きが逆になっていたり
ドカコックの着てる服の背中に描かれた「KYOBASHI」のマークがアレンジされていたりと、細かい所は微妙に違ってたり。


今回は横浜に出没し、現場で働く青年タカの友人で、医者の道を志すも、傷ついた人を治療する事への恐怖から、医者になる事を諦めてしまった青年ユージに、再びやる気を取り戻します。
…って、「タカ」「ユージ」って「あぶない刑事」と一緒じゃんかwww
そういえばあのドラマの舞台も、神奈川県の港警察署でしたっけ。



「人生という名のboule verd(並木道)
肩を並べて歩いたその道に…踏み出したはじめの一歩を…
思い出してもらおう…ドカコック!!」


「サトウのごはん」に、潰したシウマイ、さらにはソースとカレー粉を加えてよーくかき混ぜたものに、スライスしたチームで道を型作り…


「これをよーく混ぜ込む 固化剤添加!!」
「この動き・・・まるでスタビライザーッ!!」
「撹拌混合!!あの勢いじゃ1日の施工量は、160×160/日を越えるべッ!!」


作業工程が例によって、土木作業工事の専門用語のオンパレードです。
カタギには言葉の意味は分からないけれど、なんかムダに熱く、周りのドカ達の琴線に触れ、みんな号泣。
ああこの熱い感覚、懐かしいなあ…ゴラク時代とかわっとらん…。


そして、そうして出来上がった料理がついに姿を見せます。それは…。


           ・ ・
「横浜ド開港ロードカレー、竣工!!」


あ、そうそう。この「横浜ド開港ロードカレー」、実際に作っても、どうやら美味しいようですよー(′・ω・`)



とまあこんな感じで相変わらずのクオリティでしたドカコック。
まあ、連載化したら、確実に飽きてしまいそうですが、忘れた頃にまた読みたくなりますね。
巻末コメントでも、渡辺“練馬旋風児(ネリママイトガイ)”保裕先生


「人生を生きる旅人は、どうやら北へ向かうようですよ。」


と、次回作を匂わせるようなコメントを残している事ですし、これは期待せざるを得ません。首を長くして待ってるゼ!
ゴラク時代の分も含めて、単行本化してくれないかなー。



P。S


月刊ヤングキングで、ドカコックの次に掲載されてる読み切り。
なーんか微妙に見覚えがあるような気がしたので、作者名をググってみたら…。

ちょwwwww「カイゼルスパイク」の人じゃんかwwwww


まさかこんな所に流れていたとは…。
なんか乳揉んだりパンモロがあったり、微妙にエロ寄りになってたけど。

ドカコック

今週の「週刊漫画ゴラク」に載ってた渡辺保裕先生(代表作・「ワイルドリーガー」「内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎」など)の読みきり漫画、「ドカコック」について書きます。



今週の読み切りは第2話目。
ちなみに参考までに、第1話を取り上げてるレビューサイトさんは、コチラ。



今週のお話は、さすらいの職人(ドカ)、京橋建策(以下「ドカコック」と表記します)が、桜島のある工事現場「橋田組」に流れついているところから始まります。


この「橋田組」。先代が死んで、今はその娘である「橋田州画架子」(以下「お嬢」と表記します)が切り盛りをしているんですが、父親の代から仕事している古参ドカ達と、いつもソリが合わずに喧嘩ばかり・・・。


 でまあ、このお嬢が、実に萌えも色気もありゃしない(w
 見てくれも土方というよりは、地方のレディースにしか見えません。
 サラシを巻いたそのおっぱいは、なにげに大きく、しかも喧嘩シーンではちょっぴり乳輪がはみ出しちゃってるコマもあるんですが、なんだか全然嬉しくありません・゚・(ノД‘)・゚・


 まあ、渡辺センセの女性キャラは所詮こんなのばっかりなので、仕方ありません。
 そもそも渡辺センセの漫画は萌えではなく、暑苦しさで勝負する漫画じなんだから、こんなのでも別に全然関係ない…と言ったらそれまでなんですがね(w



 仕事中も争いの絶えない、そんな空気だからなのか、せっかくの楽しい時間である昼メシの時間も、殺伐とした空気の中で、用意された弁当を口に運ぶだけ…。というわびしい行為に。こんなんじゃ食欲だって湧きやしません。
 言ってるそばから、お嬢と古参ドカ達が、またしても喧嘩おっぱじめちゃってますし。


 そんな中、ドカコックは一人「俺には関係ないモンね」と言わんばかりに、用意されたお弁当をもくもくと食っているのですが、完食すると


「さて、厨房を拝借しよう」


と言いだし、突然食堂の厨房に入ります。


 出された昼飯をきっちり平らげてから料理を始めるのは、厨房を貸してくれることへの礼儀なんでしょうか。義理堅いなあドカコック。



「現場に書かれた一橋一家
その言葉の持つ意味、その重みを…」



 


思い出してもらおう、ドカコック!!




 厨房に立ったドカコック。まずはセサミ(ごま)をすりこぎでゴリゴリとすり始ます。


「お…おい、このスピードは…」
「このスピードの回転はッ!?…まるで…」


「まるでオーガスクリュ――ッ!!」



 


オーガスクリュー」ってのは、回転によって掘進を行うアースオーガ用のら旋状の掘進具のこと。
あまりに激しいゴマすり動作が、いつも身近に慣れ親しんでいる行為とかぶって写り、ドカたちの心を引き付けているのだ!!…たぶん



 そしてすったセサミ(ごま)をサラダオイルと共に巨大中華ナベに放り込むと、さらに白飯(橋梁下部工)も加えて、これまた大きなスコップで、豪快に炒めあげる!!
 そして再び一斉に叫びだすドカ達!!


「おおッ!!あん動きはッ!?」
「あんおタマの動きいうたら―――ッ!!」


「スコップばいッ!!!」



 


「ドカの基本スコップじゃッ!!」
「ドカの感情が掘り起こされもす!!」
「そうたい…掘り起こされるたい……!!」
「ドカの激情(エモーション)を…!!!」


掘り下げろ、ドカモーション!!


 ドカコックの背後には、一心不乱にスコップで大地を削るドカ達のイメージ映像が!!
あまりに激しいゴマすり動作が、いつも身近に慣れ親しんでいる行為とかぶって写り、ドカたちの心を引き付けているのだ!!…たぶん。



 そして平行作業で、トッピング(上部工)作り!!芋焼酎仕込みのタレで漬け込んだ、鹿児島産黒毛和牛10キロ(橋桁架設工)を設置した網の上で豪快に焼き上げる(床板工)!!
 たちまち込み上げるお肉の香ばしい匂いが、ドカ達の食欲をくすぐる!!


「たッ、たまらんバイ!!」
「よか匂いじゃーッ!!」
「はよう食いたかッ!!」
「肉好きじゃ!!」
「おまえも好きね?」
「気が合いもっそ!!」
「おいもじゃ!!」
「よか薩摩ッぽんじゃ!!」


 すると、アレだけいがみ合っていたドカたちが、いつの間にやらみんな笑顔で意気投合!!
それはまさに先代がいた頃の、一致団結してた橋田組の雰囲気…!!


 つまり、ドカ達は「お肉」の前ではみんな仲良しってことですね!!


 ラブアンドピース!!恐るべし「肉」パワー!!…でも、なんだか身もフタもないなあ(w



 やがて炒め終わった焼飯をどんぶりに盛り付け(橋梁付属物工)、その上に焼き上がった極上の肉をトッピング(舗装工&設備工)!!



そしてついに料理が完成。ドカコックは、一つの仕事をやり終えた満足感たっぷりな表情「さあ、食べてくれ…」と皆に言います。その料理とは…!!






 


ドカルビ焼飯丼!竣工!!



「ドカルビ焼飯丼」のあまりの完成度に、みんなは「ドカモーショナルッ!!」と最大限の賛辞を送るのでした・。



 しっかし、実際ドカコックがやった事って、


「ゴマすって焼飯作って 肉焼いて乗せただけ」だというのに


どうしてこんなに熱い展開なんだッ!!


しかも料理の工程でいちいち工事作業用語が出てくるし。なんだかワケわかんないけど、すげえゼ!!
これがドカコックたる所以なのか…。



 そしてドカコックが作り上げた料理を、みんな我を忘れて、貪るように喰らいつくドカ達。当然みんなの評価は最高!!
 橋田組古参ドカの大久保デーブ利道(日系2世・51歳)に至っては、ドカコックの料理に対して…。


(World's cultural and natural heritage)
「こいはまさに世界遺産級ッ!!」


これ、わざわざ「世界遺産級」って言葉に、英語でルビが振ってあるんです。マジで!!


全くとんでもないバカ演出!!でもKAJIMEはこんなバカ演出、キライじゃないゼ!!


 そういえば渡辺センセの作品「内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎」も、アニメ版じゃバカ演出ばっかりだったっけなあ(′・ω・`)





そして最後は、全てのドカ達が満面の笑みで、最大限の賛辞を送ります。


「ドカうま――ッ!!!!!」



 

 バックにはマーライオンパルテノン神殿が!!


 つまりドカコックの料理はそれほどまでに価値のある料理だったんだゼ!!ってことのようです。全くお前ら、揃いもそろってバカばっかりだぜ!!



 みんなが「同じ釜の飯を食う喜び」を思い出したところで、ドカコックは引き止めにも応じずに立ち去るのでした。
 そう、ドカドックはさすらいの身!!この世にはまだまだ彼の料理を求めるドカ達がいるのだから…!!


流れドカにはお嬢はやれぬ
やれぬお嬢が行きたがる
察して流れるドカコック
男京橋心意気!!


桜島をバックに、モーターボートに乗って立ち去るドカコックの後ろ背中がカッコよすぎだぜー!!



…とまあ、こんな漫画でした。


 やはりツボにハマった時の渡辺センセの漫画は、神がかり的に熱くて面白いなあ。


「ユーアーマーベラスドカ!」
「ドカモーショナルッ! 」
「エブリバディフレンドリーランチ… 」


などという、「言葉の意味は良く分かんない横文字」も、なんだかカッコいい響きに聞こえるし(w


 まあ、仮に「ドカコック」が、ゴラクで週刊連載されたとしても、この漫画ワンパターンなんで、すぐ飽きると思うんで、月1連載ぐらいのペースでやってほしいなあ(′・ω・`)